男女間で着眼点が違うんです

男女間で着眼点が違うことをご存知でしたか?

お見合いしたい相手を探す時、貴方ならどの部分に着眼しますか?

例えば、自宅に帰ったらテーブルの上に何枚かのお見合い用の写真と、その方のプロフィールが記載されている紙が置いてあったとして…

実は、男女間で違いがあるんです。

男性は女性の写真ばかり見るそうで、女性は男性の職業(年収)、身長、学歴を見る人が圧倒的に多いようです。

女性の方が現実的な見方ですよね。
男性は…(笑

ということで、お見合いというのは住んでいる地域とか職業や年齢などが記載されたプロフィール情報から相手を双方が選ぶことになるので、その男女間の着眼点の違いをよく理解しておく必要があるんです。この「双方が」ってとこ大事です。
お互い同じ目線で相手を見ているわけではないんですね。

女性の皆さん、プロフィール写真が大事ですよ〜!
ベストショットを用意しましょう!
なければプロに撮ってもらいましょう!

もし、自身で良い写真を持ってなくて、かつプロのカメラマンに頼むほどの余裕が無い場合は、アエルふくしまが無料でデジタル一眼レフにて撮影し、ステキな1枚を掲載しますので、お気軽に申し出てくださいね〜(^^)

もちろん、ファッションやヘアメイクも大事ですから、その点もご相談ください。

男性の皆さんは…どの条件も簡単に変えられるものではないですよね。
もちろん、掲載する情報を偽ることは出来ません。掲載する情報は正確である必要があるので、入会時に源泉徴収票で年収を確認したり、医師や弁護士の方などは資格証明書の提示をお願いしています。
また、入会途中で掲載内容に変更があった場合は、速やかに仲人に連絡して、掲載内容を修正する必要があります。

三高じゃない男性からすると「じゃあ、どうすればいいんだって話になりますけど、以前「王子様を待つのはもうやめよう」にも書きましたが、三高なんて男性はそういませんし、女性にとっては競争率が高い狭き門です。

「選ぶ」っていうより「選ばれる」ってことですから。

なので、三高じゃないからダメなんじゃないかということではなくて、ここは仲人の出番です。
具体的にどうするかは…入会された方にだけコッソリお教えします(笑

(記事 市川)