blog14110201

こんにちは!
日夜会員の幸せのために奮闘している仲人士 市川です。

先日ある親御さんと面談していた時に、「病気になった時などに、うちの息子のそばに誰かいてくれたらアリガタイんだけど…」という声を聞いて、僕自身が今年2月にインフルエンザにかかった時のことを思い出しました。

誰もが病気になると弱気になってしまいます。
そういう時、パートナーの存在ってとてもアリガタイですね。
実家に暮らしていれば親が世話してくれますが、一人暮らしならそうもいかないですし、本来なら親の世話をしなくちゃいけない歳なんですし(汗

「病気の時も全部自分だけでやってきた」って方もいますけど、愛する人がそばにいれば、その人に甘えたいのが本音だと思います。

これから先、いつまでも健康でいたいと誰もが思いますが、何時いかなる災難があるかもしれません。

病気になった時こそ、パートナーの「ありがたみ」が分かります。

もちろん、お互いが自然と助け合う心が大事なんですけどね(^^)


あなたが「お互い助け合えそう」と思えるような将来のお相手を、プロの仲人士がご紹介します。
どうぞお気軽にご連絡ください