blog14120801

「お見合い」というコトバを聞いて、親同伴の割烹料亭などで和服を着て食事しながら…なんてイメージがありませんか?

以前「仲人って…昔と今の違い」にも書きましたが、今ではカジュアルなお見合いが主流です。

  • 親は同伴しません(仲人は挨拶程度の時間だけ立ち会います)
  • カフェなどでお茶を飲みながら
  • 男性はスーツなどが基本、女性はそれに合わせた服装

また、「お見合いなんて…」と敬遠する方もいらっしゃいますが、友人や知人の紹介で相手と会うのも「お見合い」だし、婚活パーティーで出会うのも「お見合い」といえます。
だから、もっと柔軟な発想でお見合いにチャレンジして欲しいと思います。

また、お見合いをしたら「その人と必ず結婚しなければならない」と思っている人が意外と多いんです!

お見合いは当然、結婚を前提にした「初めまして」なので、軽い気持ちで申し込んだり受けたりするものではありません。
でも 必ず結婚しなければならないというわけではありません。

お見合いは 事前にお互いのことをある程度知った状態で会えるのですが、会ってみて初めてわかることもあります。

思ってた感じと違うなと思ったら、私たち仲人士を通じて「ごめんなさい」とします。

それとは逆に「紹介書よりも会った印象がとってもいいじゃないか!」と思うこともあります。

だからこそ 私たち仲人士は

「たくさんお申し込みをしよう!」
「できるだけ多くの人に会おう!」

とアドバイスをするのです。

会って初めてわかること
会った時のフィーリングを大切にしています。

(記事 市川)