先日、アダム・サンドラー&ドリュー・バリモア主演の「ウェディング・シンガー」というラブコメ映画をiTunesで見ました。

アダム・サンドラー主演の映画を観たのは、これで2本目。
ジャンルはコメディーですが、ホロっと泣ける大好きな映画です。

ドリューの笑顔がキュート!(^^)
アダムはカッコいいってわけでもないけど、カッコよく見えてくるから不思議!(笑

ロージーおばあちゃんのラップも最高。
ビリー・アイドルのゲスト出演にもビックリ(^o^)

80年代のヒット曲も随所に散りばめられていて、それがまたいい味を出していました。

最後にロビー(アダム)が歌う「grow old with you」で涙腺崩壊…(T_T)
和訳すると「(僕は)君と一緒に年をとりたい」ってタイトル。
YouTube動画は、その最後のシーンですが、改めてそのシーンだけ観ても泣けてきます。

ロビーとジュリア(ドリュー)は惹かれ合っているのに、気持ちとは裏腹に状況に流されて離れていく二人。
ロビーは勇気を振り絞り、最後に想いを歌で伝える。

飛行機でジュリアの隣に乗っていたのは、ろくでなしな婚約者(笑
ロビーとジュリアの邪魔をしますが、ビリー様が手助けします。

現実はドラマのようにはいきませんが、それでも「自分の直感を信じる」って大事だなぁと、改めて感じさせる映画でした。
この歌のようなセリフ、誰かに言って欲しいと思いませんか?

(記事 市川)