シアワセになれる映画

こんにちは!(^^)
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

この週末は3人の男女が入会!
組み合わせたお見合いが全て交際に進展!
女性会員からも入籍しました!という報告もあったりで、嬉しいこと連続の日々です\(^o^)/

さて、今日はシアワセになれる映画を1本ご紹介します。
日本では2015年に公開された作品で、シェイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートがカップルを熱演する恋愛映画です。
不治の病を患った若い二人がガン患者の集会をきっかけに恋に落ち、限られた時間を大切にしながらお互い愛し合っていくストーリー。

その映画の中で、ヒロインが「0と1の間には無限に数字がある。0.1、0.12、0.2…小さな無限が沢山ある。それに気づかせてくれた。」と彼に伝えるシーンがあります。

僕は以前IT会社に勤務していました。
デジタルは基本的に「0か1しかない」世界ですが、このセリフを聞いた時、人の可能性は無限大だと改めて感じました。

同時に、日々結婚相談をしている仲人として、「結婚相談って0と1の間のことが大半」とも感じました。
全てが「イエス」か「ノー」じゃない、無限の選択肢と様々な答え。

「こうじゃなきゃダメ!」みたいに頭が固くなっている方には、ハッとさせられる映画なんじゃないかと思います。
この小さな無限の可能性に気づいた人は、きっと沢山の縁があるんじゃないかな?(^^)