【データでみる婚活】会員の婚歴割合

こんにちは!(^^)
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

もう10月ですねぇ。
昨日までの土日も、お見合い6組、30代・40代男女の入会面談、会員の婚活相談でバタバタでした。
あと3ヶ月で今年も終わりです…1年過ぎるのがが早すぎる!( ̄□ ̄;)

さて、今日は「会員の婚歴割合(初婚or再婚)」です。
以前ブログで「結婚の4分の1は再婚」というのを取り上げたんですが、多少は関連したデータになりますかね。

掲載はしておりませんが、全ての年齢層を含めた場合、男女ともほぼ同割合でした(初婚者が80%、再婚者が約20%)。

当然のことながら年齢層が高くなればなるほど再婚者の割合は増えていきますから、20歳代、30歳代、40歳代以上ということで抽出してみました。

20歳代は100%初婚者のみ。
予想どおり、年齢層が高くなればなるほど、再婚者の割合は増えていきます。
やはり、平均初婚年齢を境に再婚者の割合は増加するんでしょうか?

お相手の希望を「初婚のみ」とした場合、歳を重ねれば重ねるほど縁が少なくなっていくということが表れています。
40歳以上の場合、相手希望を「初婚のみ」としたら約3割の縁を失う、ということですね。

 

※2017年10月2日現在。毎月会員の増減はありますので流動的です。また、データの切り取り方で見方は変わりますから、あくまで参考程度と思ってください。