まだ時期的には少し早いですけど、福島市の紅葉スポットを一つご紹介します。

つばくろ谷は、昭和34(1959)年に作家の井上靖が磐梯吾妻スカイラインの展望ポイント「吾妻八景」として選定した場所の一つ。
かつてはイワツバメが飛び交っていたことから名付けられたようですね。
(写真は昨年10月13日に撮影してきたものです。紅葉の見頃よりちょっと早かったです。)

不動沢レストハウス側から、つばくろ谷と不動沢橋を撮影。

不動沢レストハウス側から、つばくろ谷と不動沢橋を撮影。奥には福島市街地が見えます。

なお、先日ご紹介した夜景スポットは、不動沢橋を浄土平側に進んでスグの駐車場です。

つばくろ谷にかかる不動沢橋から下をのぞき込むと、紅葉と渓流と滝の絶妙なコントラスト、迫力の景観が楽しめます。

不動沢橋から見下ろして撮影。吸い込まれそうな光景。

不動沢橋から見下ろして撮影。吸い込まれそうな光景。

クルマは不動沢レストハウスへ。公衆トイレなども整備されていますので安心です。
ただ、紅葉シーズンになると、かなり混み合います。駐車場もあまり広くありませんので、午前中のお出かけが吉ですよ。

浄土平も併せて紅葉を楽しんだ後は、猪苗代方面へ抜けて、裏磐梯でランチを楽しむ。
な〜んて日帰りドライブもイイですね!

(記事 市川)