2022年を振り返って

仲人の日常

こんにちは!
アエルふくしまマリッジアドバイザーの渡辺です。

あっという間に2022年も残りわずかとなりましたね。
今年はどんな1年でしたか?
コロナの波が落ち着いたと思ったら新たな波が来て…と、今年もコロナに振り回された1年ではありましたが、行動制限が緩和されたり、全体の雰囲気としても外出への不安感も少なくなったりと、withコロナへの動きが強まった年でもありましたね。多少対面での婚活がしやすい雰囲気も出てきたのではないでしょうか。

私は今年から働き方を変えて、子どもと過ごせる時間は増えたものの、バタバタしているうちに気づいたら2022年も終わりに差し掛かっていて呆然としている…という状況です。

そんな2022年に我が家に起こった出来事としていちばん印象深いのは、やはり春先に一家全員コロナに罹患したことです…。
子どもの発熱を受けて病院でコロナの検査をさせた日の夜に私が発熱、予兆として少し頭が痛い、体がだるい、という症状がありました。
夜中苦しくて目を覚ますと、測らなくても分かるくらいに高熱が出ていて、何より息を吸っても吸っても苦しくて、動悸が激しく、頭が割れるように痛い…「死ぬかも」と思う程の苦しさでした。
コロナ相談窓口に相談の末、救急車を呼ぶも受け入れ可能な病院がなく、「自分で救急外来を受診した方が早いですよ!」と言われる始末。

結局自分で病院に行き、検査の結果は案の定陽性。

子どもと夫は初日の発熱のみでその後は元気でしたが、私は頭痛と倦怠感と咳が続いて、まともに動けない日がしばらく続きました。

心のどこかで「自分は罹患してもそんなに酷くはならないだろう」と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。
子どもを産んでからというもの、明らかに体が弱くなったなと感じます。

来年は少しでも体を丈夫にするために、産前の趣味だったマラソンなどで体を動かす機会を増やしたいな、と思っています。

来年の抱負は決まりましたか?
来年は皆様が素敵なご縁に巡り合えますように。

よいお年をお迎えください。

関連記事

最近の記事

  1. 7年連続で成婚最優秀賞を受賞しました

  2. 仲人士が語る、婚活で「なんか違う」といってお断りしないほうがいい理…

  3. クリスマスにプロポーズを受けた福島市20代Sさんの成婚報告

  4. 【婚活動向2023】2023年のスタートは30代後半〜40代前半の…