アエルふくしまAel-Fukushima

福島県福島市にある結婚相談所です。福島県内をメインエリアに結婚のお世話を行なっており、結婚相手を本気で探している方の婚活を全力でサポートします。

  1. ごあいさつ

    結婚することは
    決して「特別」じゃない。

  2. 6つの特長

    アエルふくしまが選ばれる
    6つの理由

  3. 面談サロン・アクセス

    ご相談や面談の際に利用する
    プライベートなスペース。

  4. 婚活応援パートナー

    婚活を頑張るための
    エステサロンや写真館をご紹介。

男性も妊活

婚活

こんにちは!
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

先週は東京の仲人月例会に参加しつつ、定休日明けには毎日入会面談、お見合い立会い、会員の婚活支援とあっという間の1週間でした。

さて、今日は「男性も妊活」という話題です。

アエルふくしまでは会員として入会した後に、女性にも男性にもアンケートをとっています。
その中で「お子さんは欲しいですか?」という項目がありまして、女性は年齢によりバラツキがあるのですが、男性においては婚歴や年齢に関係なく、ほとんどの方は「欲しい」または「できれば欲しい」と答えます。
もちろん「結婚=子ども」ではありませんが、子どもを欲しがる男性が多いことは間違いありません。

ニュースや新聞などにより、「妊活」という言葉は広く一般にも認知されています。
基本的に結婚が決まってから夫婦で婦人科へ…という流れが多いように思いますが、「不妊の原因の半数近くは男性」という結果も出ていると同時に、「不妊原因は女性にあると思い込んでいる人は多い」そうです。

まぁ、婚歴アリで、すでにお子さんがいる方なら基本的には問題ないんでしょうけどね。
特に初婚男性で「子どもが欲しい」のであれば、男性も事前に調べておいても良いのではないか?とも思うワケです。

女性は定期的に検診を受けているのに、男性にはそういった検診がありませんから… “婦人科” じゃないから “紳士科” ?
…なんて考えると、ちょっと検査に行きにくいと思うかもしれませんが、今ではスマホ検査キットもあるそうです。
検索キーワード「男性 妊活 スマホ検査キット」などで検索してみてください。

なので、もし「自分は大丈夫なんだろうか?」と気になっている男性なら、一度は試してみても良いかもしれませんね。
実際、「男性の治療は増えている」とのことから、政府も不妊治療の助成金を助成と同水準まで拡充するよう動いているようですよ。

関連記事

最近の記事

  1. 12/4 南相馬市の婚活イベントでセミナー講師やります

  2. 交際1ヶ月目の婚活相談

  3. 婚活での別れの際に、一番心掛けて欲しいこと

  4. 【動画ブログ】アクセスランキング 第8〜10位