福島県福島市にある結婚相談所です。結婚相手を本気で探しているアナタだけの婚活を全力でフルサポートいたします。

成婚者からの声

アエルふくしまで成婚された会員からの声を一部ご紹介します。

入会からトントン拍子に結婚が決まった会員もいれば、1年以上の婚活期間を経てようやくお相手を見つけた会員もいます。
すべてがリアルな生の声ですので、婚活を始めようと思っている方、今まさに婚活をされていてうまく進んでいない方には、とても参考になると思いますよ。

男性Aさん(40歳)福島市 2017年5月入会、2019年3月婚約

成婚された方の声(2019年3月に婚約した男性Aさん)成婚された方の声(2019年3月に婚約した男性Aさん)

自分を信じて、失敗を恐れず、常に前向きに行動する

彼女との出逢いは2018年11月、交際5ヶ月でプロポーズ!
婚活期間は約2年でした。

自分を信じて、失敗を恐れず、常に前向きに行動する

Aさん自身が、過去の自分に言ってあげたい台詞ですね。

Aさんは感情を表に出すタイプではありません。
根は良いのにお付き合いが苦手と思われるタイプです。
婚活中の男性はこういった方が多いのではないでしょうか?

Aさんが自分のことを想ってくれているのかと、彼女が不安になる一面もあり、仲人が間に入ってサポートして彼女に安心してもらったこともありました。
1対1でのお付き合いだと、気持ちを伝えられずに終わってしまう交際もありますが、アエルふくしまには仲人がいます。
直接気持ちを伝えづらい時は、仲人が間を取り持つこともあります。
まずは自ら行動しなければ何も始まりませんが、仲人がいるのだから困った時は頼ってください(^_^)

Aさんはプロポーズの前日に面談に来てくれました。
私と話をすることで気持ちを落ち着けてプロポーズできたのだと、成婚報告の満面の笑み!
入会当初とはうって変わって、自信に満ち溢れた表情での成婚報告となりました。

 

女性Aさん(48歳)いわき市 2017年6月入会、2019年1月婚約

成婚された方の声(2019年1月に婚約した女性Aさん)成婚された方の声(2019年1月に婚約した女性Aさん)

まずは行動する事が大切だと思います

彼女は2017年6月に婚活をスタートさせ、運命の出会いは2018年8月、交際5ヶ月で婚約。

彼女自身も手紙に書いているとおり、再婚での婚活です。
ご自身のことだけじゃなくて家族のこともあるので、初婚の方より婚活に時間がかかったり、思うように進まないこともありましたが、彼女の持ち前の明るい性格から、最終的には良い縁を呼び寄せたのだと思います。

<現会員、これから入会する方へ>に「自分から動かないと何も始まらないと思い行動してきました。入会することを迷っている方、お見合いの申込みをする事、受ける事を悩んでいる方、まずは行動する事が大切だと思います。」と記載されています。

これは、“受け売り” じゃありません。
たった100文字程度の内容ですが、僕自身は、彼女の婚活期間の数々の出来事を思い出していました。
つまり、彼女は自分自身の経験から伝えているんですよね。

入会するか迷うこと
お見合いを申し込もうか迷うこと
申込みを受けようか迷うこと

迷うのは当たり前だと思います。
その上で “前に進むこと”、これが何より大事なんだと、成婚した会員も仲人も伝えたいんです。

そして、同時に気づいて欲しいのは、“相性が良い縁があれば、結婚は難しくない” ということ。
逆に言うと、行動できるかどうか、ココが一番難しいかもしれません。

「◯◯ならば、△△なんじゃないか?」とか、行動する前からネガティブな考えをしてしまったり。
過去の苦い経験から、自己防衛のためにネガティブに陥ることもありますが、結婚を難しくしているとすれば、それは本人の考え方次第なんだということでしょうね。

 

男性Tさん(48歳)いわき市 2018年6月入会、2019年1月婚約

成婚された方の声(2019年1月に婚約した男性Tさん)成婚された方の声(2019年1月に婚約した男性Tさん)

前向きな気持を持つ、感謝する気持ちを持つ

Tさんは8月から婚活スタート。
そして、初めてのお見合いで彼女Aさんと出逢い、交際約5ヶ月で成婚退会となりました。
これだけ聞くとトントン拍子の婚活に聞こえますよね。
先日の ”成婚報告ブログ” でも書きましたが、お返事まで耐えて待った成婚でした。

 

前向きな気持ち、感謝する気持ちを持つ、この2つの大事なことを学びました。

Tさんはこう言っていますが、これはTさんが元々持っている誠実さです。
相手と結婚を考えた時、寄り添わなければならない時、自分の気持ちだけで突っ走っていては相手はついてきてくれません。

相手が迷い立ち止まった時に、急かさず寄り添えるか。

そうでないと、この先の長い人生を2人で歩んで行くことは難しいでしょう。
相手との出逢いに感謝し、相手を信じて待つ。

”気持ちのペースが違う” という交際終了の理由を何度となく聞いている仲人としては、Tさんグッジョブ!です(^_^)

 

男性Fさん(45歳)福島市 2018年4月入会、2018年12月婚約

成婚された方の声(2018年12月に婚約した男性Fさん)成婚された方の声(2018年12月に婚約した男性Fさん)

お見合いで自分の好きな女性像がハッキリした

Fさんは転勤族で年齢的なことを考え福島で婚活を始めることになりました。

入会後の数ヶ月は手探り状態での婚活でした。
男性に多いタイプですが、まずは自分で思った女性に申し込みをしてみる。
それで自分の立ち位置をハッキリさせ、婚活の方向性を考える。
そんな男性的な婚活をしていったFさん。
その中で、自らが求めるもの、求められるものを見つけていったんですね。

結婚相談所に入会し、ただ申し込みを待つだけでは動きがありません。
何もしなくてもどんどん申し込みが来るような方なら別ですが、ほとんどの方は自らが行動をしないと出逢いはありません。
『結婚相談所に入会』という行動をしたのだから、その後も動かないと勿体無いと思いませんか?

Fさんはとても行動力があり、自ら出逢いを掴みに行っていました。
出逢えれば、あとはお相手との相性です。

  1. 転勤族なので一緒に来てくれるか単身赴任 →お相手は仕事を辞める予定で動いているそうです。
  2. 10歳程度年下の女性 →7歳年下の美人さん!

と、Fさんの希望は行動力と彼女との相性でほぼ叶いました(^_^)
Fさん、婚約指輪の記念写真、楽しみにお待ちしてますね〜(*^_^*)

 

女性Uさん(27歳)福島市 2018年9月入会、2018年11月婚約

成婚された方の声(2018年11月に婚約した女性Uさん)成婚された方の声(2018年11月に婚約した女性Uさん)

一歩踏み出す勇気が必要

彼女は2018年6月に婚活スタートさせ、運命の出会いは9月、交際2ヶ月で婚約。
スタート時からいろいろと悩みがあるようでしたが、そういった時は僕との面談を行ってスッキリ解消し、前に進みました。

誰にだって、いろいろな不安や悩みはあるでしょう。
婚活当初、不安や自信のなさが顔や態度に現れていましたが、本人の文章にあるとおり、面談では自分自身を素直に話してくれて、仲人のアドバイスも素直に聞き入れてくれたため、婚約に至ったのだと思います。

何より、そんな彼女の心の支えとなって、臨機応変に行動した彼が素晴らしい!
交際中もそうですが、成婚報告の際にプロポーズ秘話を聞いたときには、感動すら覚えました。
彼からプロポーズされ、婚約指輪の受け取りに30分くらい悩んだそうですが(笑
いや、その時の彼の心境を思うと、決して笑えないことなのですが…まぁ無事指輪を受け取ったようで何よりでした。

「言葉と行動のセット」

相手を信頼し、交際を深める上で、とっても大事な要素ですよね。
女性が相手の男性に心を動かす瞬間というのは、彼女の文章にあるような、まさにそういう時だと思うんです。

「あぁ、この人なら自分の人生を預けられる」

女性にそう思ってもらえるような態度や行動が、男性陣には問われます。
仕事が忙しいとか、言ってる場合ではありません。
交際中の男性会員の皆さん、しっかり認識して行動ください。

 

男性Kさん(28歳)福島市 2018年6月入会、2018年11月婚約

成婚された方の声(2018年11月に婚約した男性Kさん)成婚された方の声(2018年11月に婚約した男性Kさん)

外面ではなく内面を認めてくれる女性と出会えました

昨年末に成婚退会したW君の紹介で、入会面談に来たK君。
彼は2018年6月に入会しましたが、婚活スタートは7月から。

運命のお相手となるUさんとの出逢いは9月交際2ヶ月半で婚約となりました。

28歳の彼は、入会面談の際に「30歳までに結婚したいです!」と宣言していました。
そのためには何をどうすれば良いのか。
考えながら婚活を進める予定でしたが、振り返ってみて一番驚いているのは本人でしょう(^_^)

彼も書いているように、結婚相談所での出逢いは結婚前提ですが気持ちを相手に言葉で伝えることはとても大切なポイントです。
”告白”は彼女の顔を見れていなかったようですが彼女が寛容だったんですね。
「目を見て言ってくれない!」とイラッとするのではなく、「目を見て言えないくらい緊張しているのだろう」と思ってくれる彼女だからこそ心が通じ合ったのでしょう。

彼は、常に自分の気持ちを素直に話してくれました。
交際経験が少ないから自信がないことも入会面談の時に話してくれたので、私とのコミュニケーションが上手に取れて婚活がスムーズに進んだケースですね(^_^)

誰かと結婚をするということは、、、
交際相手に対して、自らの心の鎧を脱がなければならない瞬間があります。
その前に、仲人の前で”自分自身”を見せてみませんか?
素直に気持ちを伝えてくれることで、道が開けることもあります。
このブログを読んで、話しを聞いて欲しいなぁと思ったら面談予約、お待ちしていますね。

アエルふくしまを紹介してくれた友人のW君にも婚約の報告をしたそうです。
W君の奥さんと4人で会う予定を立てるそうで、縁が繋がって広がっていくことを嬉しく思います。

 

男性Oさん(39歳)福島市 2018年6月入会、2018年10月婚約

成婚された方の声(2018年10月に婚約した男性Oさん)成婚された方の声(2018年10月に婚約した男性Oさん)

本気度の高さが大事

彼は2018年6月に婚活をスタートさせ、8月に運命の出会いがあり、交際2ヶ月半で婚約。

誰だって「お見合い交際」というものに慣れているわけではありませんので、どうしても交際については不安になるんですよね。そんな時は、彼は積極的に僕との面談を活用しました。

もっと話したい、こうしたい、ああしたい。
でも、それをどのように伝えれば良いのか…等々。
遠慮はしたくないが、押しが強いと思われて、相手に嫌われても困りますしね。
その「サジ加減」は交際状況によって常に変化しますし、繊細なアドバイスが要求されます。
交際初期は特に恋愛感情がない状態ですから、メッセージで言うと「文章の書き方」「伝え方」、または「相手の受け取り方」次第で、あっけなく交際が終了してしまう場面もよく目にしています。

彼の文章にも優先順位について書いてありますが、「(婚活は)仕事と同列程度に優先させる」というのがポイントです。
身体は一つ、時間も一つですから、どうしても優先順位を付けなければなりませんが、早く結婚相手が見つかる人というのは婚活の優先順が高いですね。

とはいえ、婚活期間中でも「常に婚活最優先」というワケにはいきませんから、そこはうまくメリハリを付けて活動すれば良いんです。
今月は繁忙期だから仕事に集中しよう、たまには親孝行もしよう、友人との付き合いも大切にしなくちゃ…等です。

ただし、誰でも「楽しい」ことを最優先させたい気持ちがありますから、そこは注意してください。
楽なほう、楽なほう…と逃げて、自分の人生を消費しないように。
婚活で楽しいのは、「自分と相性の良い相手に巡り会えた時」だからです。

 

女性Mさん(31歳)福島市 2018年7月入会、2018年10月婚約

成婚された方の声(2018年10月に婚約した女性Mさん)成婚された方の声(2018年10月に婚約した女性Mさん)

真摯に向き合い、自分を偽らないことが大切

彼女は2018年7月に婚活をスタート、運命の出会いは8月、交際2ヶ月半で婚約。

スタート当初から積極的な婚活をしたこと、「お見合い交際の進め方が分からない」という、ある意味どなたでも感じる不安な部分がありますので、そこは僕から説明し彼女が理解したことにより、次の行動がしやすかったのだとも思います。

このページの読者にとっては交際期間が短いように感じるかもしれませんが、彼女はキチンと手順を追って、ステップを上がっていきました。
そのスピード感は、当然ながら彼の積極的な行動力もありましたので、やはり行動力のあるお二人なら、相性さえ良ければどんどん前に進むということでしょう。

実は「あるイベント」があったからこそ、交際2ヶ月半という期間で婚約するというタイミングが巡ってきたとも言えます。あのイベントがなかったら、もう少し交際期間は増えていたのかもしれませんね。

「自分を偽らないことが大切」という、こないだのブログにも書きましたが、ホント婚活には大切な要素ですね。
もちろん「ワガママ」とは違います。
自分を理解し、高望みをせず、それでいて積極的に行動すれば、おのずと結果はついてきます。

そうそう、会員から「成婚者の声は読んでますが、どうやって進めたらいいのか分かりません」という相談がたまにありますが、実際の具体的なアドバイスは、当然ながらココには書いていません。
なので、どうか婚活に不安がある皆さんは、面談でお伝えしますから、直接仲人へ聞いてください。

 

男性Aさん(34歳)二本松市 2018年6月入会、2018年10月婚約

成婚された方の声(2018年10月に婚約した男性Aさん)成婚された方の声(2018年10月に婚約した男性Aさん)

前向きに活動することができました

彼は2018年6月から婚活をスタートさせ、運命での出会いは翌月の7月交際3ヶ月で婚約

彼の文章にもある通り、婚活当初にネガティブなイメージを持っていて、それが行動に現れていました。
それと、いわゆる「先走りタイプ」だったので、僕はそれについてアドバイスしました。

彼は僕のアドバイスを素直に聞き入れてくれました。
同時に、そんな彼の性格を理解した上で付き合ったNさんがいてくれたからこそ、今回の婚約にいたったのだと思います。

皆さん分かっているハズですが、イメージは具現化します。
だから、ネガティブなイメージも具現化します。
仕事、プライベート、婚活…うまくいかない人って、自分で自分の首を締めているところがあるんですよね。

アエルふくしまは成功報酬制なので、入会当初から的確なアドバイスをするよう心がけています。
時には本人にとって耳に痛い、厳しいアドバイスもあるかもしれませんが、それも会員と仲人双方の時間を大切にした婚活支援だからこそ。
自分と、仲人と、真っ向から向き合えば、自ずと道は見えてきますから。

 

女性Nさん(25歳)福島市 2018年7月入会、2018年10月婚約

成婚された方の声(2018年10月に婚約した女性Nさん)成婚された方の声(2018年10月に婚約した女性Nさん)

縁があると、あっという間に話が進みます

彼女は2018年7月から婚活をスタート、その最初の月に運命の出会いがあり、交際3ヶ月弱で婚約。

今だから言えますが…入会当初、彼女から「友達探しから始めてもいいですか?」と質問されたんです。
僕はちょっと驚きつつ、でも「結婚を本気で探している人しか会員になれない」ということは分かっているようだったので、若いし、おそらく不安の現れだろうと察しました。
もしその婚活姿勢が不真面目であったなら、その時は厳しいアドバイスをしなければならない覚悟で了承しました。

結婚するのに恋愛経験の多さ、少なさなど関係ありません。
いや、むしろ中途半端な恋愛経験は、かえって結婚の邪魔になるかもしれませんね。

成功する婚活に必要なのは「純粋で素直な気持ち」です。
彼女はそれを持っていました。
そして、それを素直に相手の男性にも、仲人へも話してくれました。
お相手のことだけじゃなくて、仲人とのコミュニケーションが大事なんです。

実は…交際2ヶ月目、破局するかもしれない状況がありました。
今思えばアレがスイッチでしたね!
その時に、お互い逃げず、素早くしっかりと相手とコミュニケーションを取ったことで、ゴールが一気に近づきました。

婚活には不安があるのが当たり前!
ただし、仲人は決して答えを教えてはくれません。
婚活のプロである仲人に話すことで、自分の気持ちを整理し、前に進むことができます。
これから婚活をしようと思っている皆さん、今現在会員として婚活している皆さん、忘れないでください。

 

男性Fさん(37歳)福島市 2018年6月入会、2018年10月婚約

成婚された方の声(2018年10月に婚約した男性Fさん)成婚された方の声(2018年10月に婚約した男性Fさん)

行動することが大切

彼は2018年6月に婚活スタートその月のうちに運命の出会いがあり、交際3ヶ月ちょっとで婚約。

手紙にも書いてあるとおり、彼はスタート当初から積極的に申し込んでいったり、相手から申込みがあれば受けていきました。
婚活スタートからすぐに運命の出会いがあるというのは、1年に数人いるかいないか?という稀なパターンですが、これも仲人からのアドバイスをきちんと理解した上で、積極的な行動をした結果です。

仲人をしていて、「あ、この人はあの人に会わせたいな、相性が良いかもしれないな」と直感的に閃く瞬間が年に何回かあるのですが、このカップルはその1組です。
もちろん、会う会わない、相性が良し悪しは本人たちが決めることですけどね。

本人は恋愛経験が乏しいという点が不安だったかもしれませんが、交際になってからはそれを全く感じさせない行動力で、お相手の女性としっかりとした信頼関係を築いていきました。
成婚報告の時に、本人から聞いた裏話ですが、「お見合いする前から、彼女の誕生日やプロポーズまでのスケジュールが頭にありました」とのこと!

よく「強いイメージは具現化する」と言いますが、まさにそのとおりでした!
逆を言えば、ネガティブなイメージも具現化するということになりますから、皆さんも気をつけてくださいね。

交際中の報告も毎回順調そうで、仲人としては何も心配はありませんでした。
そういう意味では、やはりお見合いになったことが、今回の僕の一番の仕事だったかもしれません。

 

女性Rさん(28歳)会津若松市 2017年12月入会、2018年10月婚約

成婚された方の声(2018年10月に婚約した女性Rさん)成婚された方の声(2018年10月に婚約した女性Rさん)

人と比べずに自分のペースで婚活

彼女は2017年12月に入会、運命の出会いは今年の6月、交際3ヶ月ちょっとで婚約。
女性として洗練された身のこなし、どこかの声優のようなボイス、たまに見せる男っぽい感じと、とても魅力的な方でした。

入会当初、住まいが会津ということで冬の婚活は大丈夫だろうか?と心配していましたが、彼女は「大丈夫です!なんならバスで行きますから」とハッキリと答えていたこと、今でも覚えています。
実際、雪が積もったような悪天候でも、しっかりと婚活していましたね。

途中、婚活ができない状態が一時ありましたが、春先には婚活を再スタート。
その後に出会ったのが運命の出会いとなる彼でしたので、結果からすれば、そういうことも含め縁なのだと思いました。

人って心の動きが行動に出たりしますが、彼女の行動から迷いは一切感じませんでした。
若いのにしっかりしているなぁ〜と入会当初から感心していたのですが、

「自分がどうなりたいかを決めて、あとは進むだけ」
「人と比べずに自分のペースで進める」

なるほど、そういうことでしたか!
手紙をいただいてから、彼女の行動原理をようやく理解しました(笑

僕がいつも言っていることですが、「いつ」「どこで」「誰と」縁があるのかなんて、誰にも分かりません。
未来は誰でも不安であり、でも立ち止まっては歳をとるだけなので、自分自身を信じて前に進むしかない。
現在婚活がうまくいっていない皆さん、ちゃんと地に足が着いているか、今一度自分自身を見つめる時間が必要かもしれません。

 

男性Cさん(35歳)福島市 2018年3月入会、2018年9月婚約

成婚された方の声(2018年9月に婚約した男性Cさん)成婚された方の声(2018年9月に婚約した男性Cさん)

彼女に感謝でいっぱいです

彼は2018年3月に入会、4月には運命の出会いがあり、交際5ヶ月で婚約しました。

持ち前の明るさ、行動力、提案力、解決力がありましたので、特に心配もしていなかったのですが、彼が転勤族だというところは多少気にはなっていました。
交際に関しても、2人の休みがバラバラだったことも気にはしていましたが、お互いができるだけ会う時間を作ったということが、功を奏したのだと思います。

これは、入会希望者から聞かれる質問の1つでもあります。
確かに休みが合わなかったり、お互いの住所が離れていたりすると、交際になってもなかなか会えなんじゃないか?と思うかもしれませんが、結局好きな相手というものは、休みが合わなくても距離が離れていても、お互いがなんとか時間を作ったりして一緒にいたいものです。

逆に言うと、そういう「柔軟な思考」とか「提案力」が問われるのだと思います。
自分の都合で相手を探そうとしても、なかなかそうはいきませんから。
なので、シフト勤務で婚活しようと考えている皆さん、現在活動中の会員の皆さん、心配ご無用です。

彼は、彼女のことはモチロン、彼女の家族のこと、そして彼自身の家族のこと、お互いの仕事のこと、全てにおいて現状と将来について真剣に考え、お互いが真剣だからこそ意見が衝突したり、常に2人で話し合いながら1歩1歩前に進んでいきました。

僕はそんな彼の行動が頼もしく、感動すら覚えたほどです。
それでも、婚活っていうものは不安になることが多々あり、たまに面談に来たこともありましたが、彼と会話をする度に「あぁ、この人なら彼女の夫として申し分ない」、そう思っていました。

そんな彼が文章に綴った「彼女に感謝」という言葉。
彼女に送った言葉ですが、仲人としても嬉しいですね!

 

女性Kさん(33歳)福島市 2017年6月入会、2018年9月婚約

成婚された方の声(2018年9月に婚約した女性Kさん)成婚された方の声(2018年9月に婚約した女性Kさん)

婚活を諦めようと思ってた時、彼に出会いました

彼女は2017年6月に婚活をスタート。
明るく何事にも前向きな性格で、自分のことよりも家族を大事に思ってしまうような優しい女性です。
入会当初から沢山の申込みがあり、積極的にお見合いをしていきましたが、なかなか良い縁と出会えませんでした。

入会して1ヶ月後、確か7月あたりに僕との面談がありまして、彼女が自分自身のことについて少し話してくれましたことがありました。
自分の内面を話すこと、自分自身を知るということは、ある意味「怖い」ことでもあると思います。
面談の際、僕はこれといったアドバイスはしていないのですが、彼女から話すことによって自分自身を見つめ直し、自分自身と無理のないように付き合って前に進んだんだと思います。

そして運命の出会いは、今年の4月下旬。
交際5ヶ月で婚約。

僕自身は交際当初から2人がうまく行くだろうと勝手に思っていましたが、途中何回か衝突?があったようです。
それでも、お互いが正直に自分の思っていることを納得するまで話し合ったこと、それがなかったらゴールには結びつかなかったんじゃないかと思います。

 

男性Tさん(36歳)福島市 2018年6月入会、2018年9月婚約

成婚された方の声(2018年9月に婚約した男性Tさん)成婚された方の声(2018年9月に婚約した男性Tさん)

「僕のことを選んで頂いた」という感謝の気持ちを忘れない

彼は2018年6月初旬に入会し、婚活スタートは6月中旬でした。
お相手となるSさんと出逢ったのが7月初旬なので、Sさんと共にかなりスピーディー!

Sさんの”成婚された方の声”にもあるように、Sさんは行動派です。
T君はというと、、、自分に自信がない慎重派です。
入会面談で、もっと自分に自信を持っていいのにと思ったことを覚えています。
とても謙虚で慎重派な彼。

『相手の方に「僕のことを選んで頂いた」という感謝の気持ちを忘れず頑張りたいと思います。』

これは、Sさんと交際になった際に彼が言った言葉です。

この気持ちがあれば、時間がかかっても運命のお相手と出逢えるだろうと確信していました。
それが、9月にプロポーズをして成婚となり本人達もビックリ(*^_^*)

交際中は、Sさんの担当仲人である市川と蜜に連絡を取り、T君にアドバイス!
Sさんの気持ちをT君に伝えて励まし続けました。
Sさん、T君、それぞれが仲人を信頼して素直な気持ちを伝えてくれたからこそのサポートでした(*^_^*)

男性は、守る人ができたことで自信がないままではいられません。
「これから夫として、Sちゃんを幸せにできるよう努力していきます!」
と、T君からの言葉をもらい仲人としてひと安心です。

 

女性Sさん(27歳)福島市 2016年5月入会、2018年9月婚約

成婚された方の声(2018年9月に婚約した女性Sさん)成婚された方の声(2018年9月に婚約した女性Sさん)

誰かに相談できる環境が私にとって安心でした

彼女は今年5月に婚活をスタート
7月に運命の出会いがあり、交際2ヶ月半で婚約。

彼女は、かなりスピーディに結婚相手が見つかりました。
これは、入会当初から積極的に行動したから。

仲人オススメがあれば、その方に申込みをし、積極的に会っていきました。
そして、いざ交際となれば遠慮せず積極的に自分を出していって、それを好きと言ってくれる相手を見つける、そういう行動的な部分が功を奏したんだと思います。

文中に「ありのままの自分」とありますが、彼女は不安や悩みがあれば仲人と面談し、アドバイスにも耳を傾けましたし、自分の家族のこと、お相手の家族のことも大切に考え、常日頃から努力をする女性でした。
そういう意味での「ありのままの自分」というですね。
単に「ワガママな自分」という意味ではありませんので、婚活中の皆さんは誤解のないようにお願いします。

サロンでプロポーズの様子を話す2人は、恥ずかしさや照れがあったのかもしれませんが、初々しく、輝いていて、会話の中にも常にお互いを思いやる言葉が散りばめられていて…仲人としてもとっても嬉しかったです。

そうそう、やっぱり結婚が決まる、または決まった直後というのは「なんかフワフワしている」という感想のようですよ。

 

男性Mさん(44歳)福島市 2017年4月入会、2018年8月婚約

成婚された方の声(2018年8月に婚約した男性Mさん)成婚された方の声(2018年8月に婚約した男性Mさん)

あまり積極的ではない自分も活動することができました

Mさんは2017年4月から婚活をスタートさせ、コンスタントにお見合いや交際を続けましたが、なかなか良い縁には繋がらず…でした。

彼は男性のなかではモテるほうのタイプだと思いますが、婚活を始めた頃は不安や戸惑いもあり、婚活のペースが掴めなかったんだと思います。
決して消極的ではないのですが、彼の言葉通り「あまり積極的ではない」と、周りから見られてしますようなこともあったかもしれませんが、これは「自信のなさの現れ」です。

婚活がうまくいかない人というのは、何回も同じところで同じ失敗を繰り返します。
仲人って、そばで見ているので分かるんですよね。

彼の場合は、うまくいかない要素が分かっていたので、ほんのちょっとアドバイスをしただけでしたが、彼は素直に聞き入れてくれて、気づき、次の行動に生かしていったんです。
入会から半年が経過し、お会いした時に顔を見たら、落ち着いた顔つきと、自信のあるような雰囲気が出ていたので、「これは準備万端だな」と、僕は内心思ったものです。

そして、2018年3月に運命の出会いがあり、慎重派な2人でしたので交際5ヶ月と少し時間はかかりましたが、8月に無事婚約しました。

僕が常日頃から会員に伝えていることですが、婚活成功の秘訣はどこにあるのか?
会員の皆さんならご存知だとは思いますが、「日々の生活」にこそ、そのヒントがあります。

 

女性Sさん(35歳)福島市 2016年9月入会、2018年8月婚約

成婚された方の声(2018年8月に婚約した女性Sさん)成婚された方の声(2018年8月に婚約した女性Sさん)

ネガティブになったら気分転換が必要

彼女は2016年9月から婚活をスタート。
入会当初から人気があり、毎月コンスタントにお見合いをしていきましたが、なかなか良い縁に巡りあえず。

一言でいうと…迷走しましたね(笑

婚活がうまくいかないと、どうしてもネガティブな気持ちに囚われてしまいがちですが、彼女はそのタイミングで私と面談し、気分をリフレッシュさせ、前に進みました。

そして、運命の出会いは2018年3月。
交際期間は5ヶ月で婚約。
交際中、僕は正直ドキドキハラハラの連続でしたが…まとまって良かった!

でも、自分自身にピッタリの相手というのはどういう存在なのか、それを探す旅でもありました。
時は迷い、悩み、行動した結果として近道になる人もいますし、近道をしようとして遠回りをする人もいます。
無論、仲人としてはなるべく短い期間で出会って欲しいと願っていますが、結婚というものは相手あってのことですから、自分のペースではなかなか進まないんですよね。

実はお相手の彼は2017年4月婚活スタートです。
彼自身も人気のある男性でしたので、なかなか2人のタイミングが合わず、運命の相手と会うには1年という歳月が必要でした。

 

男性Mさん(44歳)福島市 2018年6月入会、2018年8月婚約

成婚された方の声(2018年8月に婚約した男性Mさん)成婚された方の声(2018年8月に婚約した男性Mさん)

お見合いしたのも7月、プロポーズしたのも7月

Mさんは、お相手となるTさんと同じ6月から婚活を始め、二人の出逢いは7月初旬でした。
そして同じ7月末にプロポーズするなんて、本人も私も誰も想像していませんでした!!

入会面談の際には、口下手な印象があり、ここまで行動力があると思っていませんでした。
やはり会員を知るには数ヶ月かかります(^_^;)
口下手な分メールで気持ちを伝え、そして行動が早い!
Mさんのアピールポイントはソコだったんですね〜。

Mさんの本質を見ないままに結婚の話しが進み心配していましたが、お相手Tさんがとても嬉しい様子で安心してサポートできました。

プロポーズ前にお相手の御家族に挨拶に行き、御家族の了承を得てからのプロポーズとなりました。
スピード婚でも、こういった部分をしっかりしてもらえると女性は安心できますね。
お相手Tさんも、家族に賛成して貰えて安心した様子でした。(*^_^*)

プロポーズは仕切り直しになったけれど、Mさんは急な呼び出しの面談に来て私のアドバイスをしっかり聞いてくれました。
仲人のアドバイスを真摯に聞き、お相手の気持ちを考え、そして行動したMさん。
そんなMさんに男気を感じました〜!(*^_^*)

 

女性Eさん(37歳)福島市 2017年3月入会、2018年8月婚約

成婚された方の声(2018年8月に婚約した女性Eさん)成婚された方の声(2018年8月に婚約した女性Eさん)

会ってみることで感じることがあります

彼女は、ハキハキと明るい性格で、男性会員からも沢山の申込みがありましたが、入会当初から積極的にいろいろな方とお見合いをしていきました。
それでも良いお相手と会えず迷ったり悩んだりした時は、僕と面談をして、心を整理をして前に進みました。

そして、運命の出会いが今年の3月、遠距離ながらも順調に交際を続け、5ヶ月で婚約

先日のブログにも書きましたが、お見合いが決まった当初、まさか結婚になると思いもしませんでした。
彼女の希望条件とは異なっていたからです(彼の名誉のため書きますが、むろん素敵な男性です)。

彼女の記述にあるとおり、相手に会ってみるのが一番大事です。
僕が会員に常に言っていることでもあります。

今までもいろんなカップルを成婚に導いていますが、やはり毎回思うのは“フィーリング(相性)こそが一番の優先順位”だということ。
逆に、婚活がうまくいかない人の多くは、相手をプロフィール上で判断してしまうこと。
まぁ本人の判断ですから構いませんが、仲人としてはとっても残念なことです。

もちろん、お見合いして会ってみたものの、プロフィールで感じたとおりの人(良い意味でも悪い意味でも)もいますけどね。
それでも、やはり会ってから判断する、これは婚活における成功の秘訣であると、僕は思います。

 

女性Tさん(44歳)福島市 2018年6月入会、2018年8月婚約

成婚された方の声(2018年8月に婚約した女性Tさん)
成婚された方の声(2018年8月に婚約した女性Tさん)

お見合い1週間後には結婚の話し

Tさんは今年6月から婚活を始め、たくさんの申込みの中から、結婚相手となるMさんとのお見合いを決めました。
7月初旬、初めてのお見合いだし、入会当初Tさんが仰っていた希望の男性とも違うので、正直なところあまり期待はせず、、、

それが!!
お見合いは楽しかったと2人から報告があり、1週間後には結婚の話しをしているとメールがあり、、、
まず、私が驚きましたがTさん自身も驚いているようでした(笑
お相手への希望はたくさんあるとは思いますが、やっぱり相性ですよね。

Tさんは交際中に何度か面談に訪れ、急な展開についていけていない部分もありましたが、嬉しそうに結婚の意思を固めていました。

仕切り直しプロポーズ前の面談で
「彼は言葉で言ってはくれないんですが、メールで自分の気持ちをしっかり伝えてくれるんです」
と嬉しそうに言ってたMさん。

ビックリするくらい内容の濃いメールで、安心して結婚を決めることができたんですね(*^_^*)
プロポーズは仕切り直しになりましたが、とても良い思い出になったことでしょう。
先日、入籍をしたとメールをもらいました。
彼の姓を名乗っている彼女が可愛く見えました〜(*^_^*)
メール越しにですけど(^_^)

 

男性Uさん(36歳)福島市 2018年1月入会、2018年7月婚約

成婚された方の声(2018年7月に婚約した男性Uさん)
成婚された方の声(2018年7月に婚約した男性Uさん)

行動することが大切だと思います

彼の第一印象は”とても真面目な好青年”でした。
誰もが尊敬する仕事をしているのに、そんな素振りも見せずとても謙虚。
謙虚過ぎ〜!と思うくらいでしたが、それが彼の良さです。

お相手は、先日のブログで紹介したTさん。
彼女は自分の気持ちに気付くのに時間がかかるタイプの性格でした。
彼は急がず、そんな彼女に合わせながら仲を深めました。
交際期間は5ヶ月。2人にはこの時間がとても大切なものになったでしょう。
自分本位ではなく、自然に相手に合わせられる彼だからこそ彼女と成婚に至ったのだと思います。

彼女と結婚を考え始めてからは、職場の先輩に話しを聞いたり。
婚活のサポートはメールが主だったけれど、大事な時期には面談にきて今後の事を考えていきました。
プロポーズの詳細は書きませんが、2人らしいプロポーズでしたね(*^_^*)

 

女性Tさん(30歳)福島市 2018年2月入会、2018年7月婚約

成婚された方の声(2018年7月に婚約した女性Tさん)
成婚された方の声(2018年7月に婚約した女性Tさん)

アエルふくしまのシステムを最大限に活用

彼女は、人見知りなハニカミ屋さんで笑顔がとっても素敵な女性です。
メールが苦手で、毎月サロンに来てくれました。
メールが苦手なことも手伝って、彼とは週イチ以上にデートを重ねました。

〈お相手との嬉しいエピソード〉にもありますが、彼がとっても律儀でマメ!!
それが、お付き合い始めは小さな壁となっていました。
それでも、デートを重ねる度に壁がなくなり、気を使うことと相手を思いやることの違いがわかってきたようです。

彼は気を使って言っているのではなく、彼女を想って言っているのだと。
相手を想う気持ちが思いやりに繋がり、それが成婚に繋がったのだと思います。

男性目線でのアドバイスが欲しい時は市川との面談をしたりと、アエルふくしまのシステムを最大限に活用した1人です。
Tさん自身のひとつひとつの行動がなければ成婚には至らなかったかもしれません。

「とりあえずやってみる!」

その通りです(^_^)

 

男性Aさん(48歳)福島市 2016年11月入会、2018年6月婚約

成婚された方の声(2018年6月に婚約した男性Aさん)
成婚された方の声(2018年6月に婚約した男性Aさん)

考えるより行動することが良縁に繋がります

Aさんは2016年11月から婚活をスタートさせ、積極的に何人かの女性とお見合いや交際をしましたが、なかなか良い縁に恵まれず….婚活1年が経過したころにやっと運命の出会いがありました。
そして、交際5ヶ月でプロポーズ!

婚活で何より大事なのは、Aさん自身も仰っているとおり「ポジティブに続けること」です。
これが簡単なようで難しい。
ポジティブに続けるためには、仕事やプライベートとのバランス、メリハリ、心の休養、日々の自分磨き、そして仲人との二人三脚が必要だと、僕自身は思います。

会員の皆さんからはよく言われるのですが、僕はストレートに物事をズバッと言うタイプらしいです(本人としては、これでもやんわりとオブラートに包んで話しているつもりなのですが)。
なので、核心をズバッと言われるのが苦手な方は…アエルふくしまは合わないかもしれません(汗

婚活がうまくいかない人の特徴の一つとして、「枝葉の部分に囚われてしまうケース」が多々見受けられるのですが、仲人というのは、その会員の頭の中のモヤモヤを整理し、情報を取捨選択し、本来の目的を明確にし、次の行動をしやすくすることが役割だと思っています。
なので、「こうしなさい、ああしなさい」といった単純な指導なのではなく、その会員がしたいこと、思っていることを聞いて、導線を示すといったスタイルになります。

逆にいうと、会員が情報を発信してくれないと、仲人は的確なアドバイスができません。
そういう意味でも、Aさんは常に仲人とコミュニケーションを取ってくださいました。
そして、行動していった結果、見事に結婚が決まったのだと思います。

 

男性Vさん(36歳)福島市 2017年9月入会、2018年5月婚約

成婚された方の声(2018年5月に婚約した男性Vさん)
成婚された方の声(2018年5月に婚約した男性Vさん)

思っているだけでは結婚はできない

彼は入会スタート直後から婚活に対する戸惑いもなく、積極的に行動しました。
以前から婚活はされていて、良い出会いがなかったからかもしれませんね。

運命の出会いは2018年1月。
交際3ヶ月目あたりに「そろそろプロポーズをしたいのですが…」と相談に訪れました。
「事前に婚約指輪を用意して、彼女の誕生日にプロポーズしたいんです」という彼の想いを聞いて、仲人としてもいろいろとアドバイス。

そして、予定どおり彼女の誕生日にプロポーズ!!!

…とまぁ、ココまでは順調でしたが、彼女にプロポーズのダメ出しをされて…後日改めてプロポーズ!

決して彼が曖昧な気持ちでプロポーズしたワケではなかったのですが、やっぱり女性としては一生に一度と思えばこそ、キチッとしたプロポーズをして欲しいですものね(^_^;)
仲人としてもハラハラドキドキでしたが、無事収まってくれたようで良かったです(^^)

そういえば、最近は女性からプロポーズのダメ出しが多いような気が…(汗
男性陣、しっかりしましょう!
Vさん、どうかいつまでもお幸せに〜(^o^)

 

女性Lさん(36歳)福島市 2017年2月入会、2018年5月婚約

成婚された方の声(2018年5月に婚約した女性Lさん)
成婚された方の声(2018年5月に婚約した女性Lさん)

婚活を始める時も婚活中も勇気が必要でした

組織の中堅として仕事もバリバリこなす女性でしたが、運命の出会いまではほぼ1年近くかかりました。
なかなか思うようにいかない婚活期間がありましたが、そのたびにサロンを訪れ、仲人からの言葉をしっかりと認識し、自分を奮い立たせて前へ進みました。
記載のとおり、彼女は積極的にサロンを活用した婚活をしましたね。

皆さん意外と思うかもしれませんが…1時間という仲人との面談のなかで、実際的な婚活相談の時間は半分もないかも?
特に入会初期の頃は、雑談のほうが多いかもしれません(笑

会員同士の交際が数ヶ月は必要であるように、仲人と会員とのコミュニーケーションも大事なんです。
特に女性会員の多くは、ストレートに物言いをしない(または苦手な)傾向にあって、言葉の端々から気持ちを汲み取ることがあります。
仲人が会員を理解すれば理解するほど、運命の出会いは近いと言っても過言ではないでしょう。

ホームページでも「仲人は親身になって会員に寄り添う」と書いているのはこのことですが、僕自身が仲人として一番重要視している部分です。もちろん、良いところは褒めますし、悪いところがあれば指摘することもあります。
もし、コミュニケーションが苦手なら、なおさら仲人と面談することをお勧めします。

ちょっと余談ですが…彼女からの文章を読んで、やっぱり「結婚相談所」って言葉をどうにか変えたいなぁと改めて思いました(^_^;)
実際やってみると、おそらく堅苦しいと思わない方々が多いのではないでしょうか。
もちろん、全員が守らなければならないルールがあり、堅苦しいところもありますけどね。
Lさん、Vさんといつまでもお幸せに〜(^o^)

 

女性Fさん(31歳)福島市 2016年8月入会、2018年5月婚約

成婚された方の声(2018年5月に婚約した女性Fさん)
成婚された方の声(2018年5月に婚約した女性Fさん)

 

自分の長所を相手に伝えることが大事

ご自身からも書いてありますが、彼女はコミュニケーションが苦手なタイプの女性でした。
積極的に申込みをしていきコンスタントにお見合いにはなりましたが、なかなか交際に進むことができず、本人もすごく苦労したと思います。
それでも、彼女は婚活モチベーションをうまくコントロールし、定期的にサロンを訪れ、仲人の話に耳を傾けてくれました。

運命の出会いは昨年の12月で、交際期間は5ヶ月。
交際期間が長めになったのは、お互いコミュニケーションが苦手でなかなか距離を縮めることが出来なかったからだと思いますが、お互い似た者同士だったというところもあり、一緒にいると楽しかったようです。

先日の成婚報告の際にも書きましたが、婚活をして結婚が決まると、特に女性は変わりますね。
幸せオーラが内面から外面へ滲み出てくるというか。
彼女には交際中にも何回かサロンでお会いしたのですが、そのたびに女性らしく輝いていくのが分かりました。
自身で磨いていったということもあると思いますし、良い出会いがあれば、そのプラスの影響で自分自身が変わる、ということもあるでしょう。

すでに双方のご両親への挨拶は行ったということで、そろそろ入籍日など決めている頃かなぁ。
Fさん、どうかいつまでもお幸せに〜(^o^)

 

女性Mさん(37歳)福島市 2017年6月入会、2018年3月婚約

成婚された方の声(2018年3月に婚約した女性Mさん)
成婚された方の声(2018年3月に婚約した女性Mさん)

 

サロン面談が婚活のターニングポイントに

Mさんは「明朗快活」この言葉がピッタリな女性です。
頑張りすぎるのがたまにキズ(^_^;)

頑張り過ぎる性格で、お相手Nさんに出逢うまで悩んだ時期もありました。
そんな時期にサロンに来て話しができたことが、婚活のターニングポイントになりました(*^_^*)

婚活のサポートはメールのやりとりが多いんですが、サロンに直接相談に来てくれるのが一番!
話しをすることで自分がどうしたいかが見えてくるんです。

Nさんとお見合いをした日から明るいメールの連続でした。
手紙にも書かれたように “たった一人” の人と出逢えると、これほど人生って変わるんだと日々実感しているようなメールです。
幸せな報告で、その度に幸せのお裾分けを貰える仲人って役得です(*^_^*)

”心の鎧を脱ぐことが大切なのだとわかりました”

そうなんですよね。
結婚は、自分を偽っていてはできないものです。
お付き合い始めは相手に良く思われたいという気持ちが強いですが、”素” を出していかないと”結婚”へは繋がりません。
繋がったとしても壊れやすいですよね。

自分ときちんと向き合って前向きに進んできたMさん。
自分と向き合わず諦めてしまっていたら、Nさんとは出逢えませんでした。
悩んでも、悩んでも、少しでも前に進むことが、たった1人のお相手に出逢う”縁”に繋がるんです。

結納、入籍、挙式、そして新居選びも楽しみですね(*^_^*)

末永くお幸せに!(*^_^*)

 

男性Nさん(40歳)福島市 2017年9月入会、2018年3月婚約

成婚された方の声(2018年3月に婚約した男性Nさん)
成婚された方の声(2018年3月に婚約した男性Nさん)

 

とてもマメで家族のために一生懸命なNさん

Nさんはアエルふくしま入会前に他所で婚活をしていたので、入会面談の時点で、通常よりもしっかり現状を説明しました。

他所で婚活をしていた方や、婚活期間が長い方は考え方が偏りがちです。
それが結構なダメ出しにも繋がりました。
ダメ出しと言っても、仲人からのアドバイスは些細な事です。

40年生きてきて今から性格を変えるのは難しい。
でも、考え方を少し変えるだけで見える世界が変わってきます。
仲人からのアドバイスは、そんな些細なキッカケに過ぎません。

婚活開始から1ヶ月後には、婚約したお相手Mさんとお付き合いが始まり、仲人としてNさんの核心に触れないまま。。。
だったので、交際始めはとても心配でした。
が!!彼女からは「Nさんはとてもマメでとても優しい」と、良い報告しかこない(*^_^*)
入会面談では分からなかったNさんの良さが、交際をキッカケに発揮されました〜!

交際当初から「お互いに育った環境が似ている」と言っていましたが、亡きおじぃ様が同じ職場だったことは初耳でした!
共通点があり過ぎですね!

とてもマメで家族のために一生懸命なNさん。
すでに結納、入籍、挙式の日取りも決まったそうで(*^_^*)
楽しみですね〜♪

末永くお幸せに!(*^_^*)

 

男性Dさん(33歳)福島市 2017年4月入会、2018年2月婚約

成婚された方の声(2018年2月に婚約した男性Dさん)
成婚された方の声(2018年2月に婚約した男性Dさん)

仲人からは少しのアドバイス、あとは本人次第

お相手女性Rさんとは2017年9月に出逢いました。
お見合いから意気投合していた二人。
現在、他県に住んでいるRさんですが、Dさんは学生時代にRさんが住んでいる県に住んでいたそうで、お見合いではそんな話しでも盛り上がったとか(^_^)

お二人の相性が良いのはわかっていましたが、
ずっと、Dさんの忙し過ぎる仕事のこと、体調の事が心配でした。
仕事の責任や負担が重くなる年齢であるけれど、この縁を仕事が原因で逃して欲しくないと思いながらも、決断行動するのは本人なのでそっと見守ることにしました。
仲人からは少しのアドバイス。あとは本人次第。(と言いながらも心配(笑)
女性目線のアドバイスが小さなキッカケになったようで良かったです(*^_^*)

お相手のRさんは、Dさんを気遣うとても素敵な女性です。
まだ遠距離中の二人ですが、早く落ち着けるといいですね。

Dさん、お相手のRさん、末永くお幸せに!(*^_^*)

 

女性Rさん(30歳)二本松市 2017年8月入会、2018年2月婚約

成婚された方の声(2018年2月に婚約した女性Rさん)
成婚された方の声(2018年2月に婚約した女性Rさん)

 

遠距離も苦にせず、支え合っての婚約

運命の出会いは昨年の9月、お相手もアエルふくしまの男性会員でした。
交際期間は5ヶ月。最初のデートの報告から交際状況が順調だと思える内容で、仲人としても暖かく見守っておりました。

少し懸念していたことといえば「遠距離交際」だったことですが、彼は連絡もマメにするタイプで、どんなに忙しくても、どんなに短い時間でも彼女と会うように調整して会いに来てくれたことなどが、結果として今回の婚約に至ったのだと思います。

やっぱりマメな男性は間違いなくモテますね(^^)

ポジティブシンキングな彼女でしたが、やはり結婚については誰でも不安はあるもの。
彼女は積極的にアドバイスを求めましたし、仲人のアドバイスを素直に聞いていただいたことも嬉しかったです。

手紙にも書いてありますが、婚活って自分の将来について具体的に考える期間にもなるんですよね。
もちろん、良い出会いばかりではありませんけど、それでも1歩1歩前に進むことが大事(無理をせず)

Rさん、どうかいつまでもお幸せに〜(^o^)

結婚のご相談などお気軽にお問い合わせください TEL 024-572-5352 電話受付時間 10:00~20:00(火曜、第1・第3水曜定休)

PAGETOP
Copyright © アエルふくしま All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.