福島県福島市にある結婚相談所です。結婚相手を本気で探しているアナタだけの婚活を全力でフルサポートいたします。

成婚者からの声

運命の出会い

アエルふくしまで成婚された会員からの声を一部ご紹介します。

入会からトントン拍子に結婚が決まった会員もいれば、1年以上の婚活期間を経てようやくお相手を見つけた会員もいます。
すべてがリアルな生の声ですので、婚活を始めようと思っている方、今まさに婚活をされていてうまく進んでいない方には、とても参考になると思いますよ。

 

女性Yさん(29歳)福島市 2018年9月入会、2020年1月婚約

成婚された方の声(2020年1月に婚約した女性Yさん)

行動することが大切だと思います

彼女は2019年9月に婚活をスタートさせ、その月に運命の出逢い
そして、交際4ヶ月での婚約でした。

彼女は、とてもスムーズに婚活が進み、婚活を始めた月に彼と出逢い、そのままゴールイン!!(*^_^*)
なんて書くと、悩み無く結婚を決めたように聞こえますが、、、

戸惑い、悩み、サロンでの相談もありました。
結婚相談所でのお見合いや交際については、考え方や指標を私から示すだけなので簡単に解決することです。
そこに不安を抱いている方は仲人に聞いてください。

悩みは、自分自身と向き合わなければならないこともあり、辛いこともあります。
それでも、そのことから逃げていては何も解決しませんよね。
彼女が悩み、考え、行動した結果の想いが「とりあえずやってみる」です。

簡単なように思うかもしれませんが、その立場になった時、行動できるか考えてみてください。
それでも「やってみないと何も起こらない」ですね。
お相手E君からのハッピーボイスにもありますが、「やらない後悔よりも、やる後悔」を。

2人の、この気持と行動があったからこその出逢いです。
この2人には、タイミングを図り、背中を押しただけ。
不安な時は相談してください。
私は「それはやらなくていい」とは言いません。
スパルタですかね(笑
しっかり会員に寄り添いアドバイスしますからね(*^_^*)

それぞれに、サロンに相談に来ていたE君とYさん。
成婚報告で2人が揃った姿、とても嬉しかったです。
末永くお幸せに!!(*^_^*)

 

男性Eさん(29歳)福島市 2019年4月入会、2020年1月婚約

成婚された方の声(2020年1月に婚約した男性Eさん)

やらない後悔よりも、やる後悔を。

彼は2019年4月に婚活をスタートさせ、運命の出会いは9月交際4ヶ月で婚約
婚活期間は10ヶ月でした。

婚活には、“運” “縁” “タイミング” など、自分1人ではどうにもできないこともあります。
特に、“タイミング” は、婚活中の会員には見えないものです。

そこで仲人の出番!!
仲人は、会員全体を見ているため、みんなの動きを把握しています。
そうすると、「このタイミングでなら会える」という隙間があるんですね。
それでも、双方が会おうとしなければ縁が切れてしまうのが婚活なわけで、最終的には縁を自分で掴んだことにもなるでしょう。
彼は、私に「長過ぎる(笑」と言われるくらいの報告メールをくれました。
それはそれで彼らしく、長いと言いながらも、あのメールがなかったら彼女との成婚はなかったのではと思うくらい。

彼は自分のことを変わり者と言い、私も彼のことを変わり者だと思います。
しかし、私も含め、みなさんが個々にユニークな存在です。
そのユニークさを消す必要はありません。
「変わり者=ユニーク=自分らしさ」です。
自分らしさを受け入れてくれる人に出逢えれば幸せですね(*^_^*)

彼女に無い部分を彼が補い、彼に無い部分を彼女が補っている、そんなカップルです。
末永くお幸せに!!(*^_^*)

 

女性Tさん(42歳)福島市 2019年6月入会、2020年1月婚約

成婚された方の声(2020年1月に婚約した女性Tさん)

勇気の出ない方、大丈夫です

彼女は2019年7月に婚活をスタートさせ、運命の出会いは8月交際5ヶ月で婚約
婚活期間は7ヶ月でした。

まずは、会ってみることが大事。
この言葉の通り、Tさんは “申込みがあれば、ありがたくお会いします” と行動に移していきました。
その気持ちと行動の先に、彼との出逢いがあったんです。

婚活期間7ヶ月と聞くと、とても順調に結婚が決まったようですか、かなり内容の濃い交際期間でした。

彼女が言うように、私からの提案で、彼と彼女と私との三者面談となりましたが、それは、彼女が私に本音を話してくれていたからです。
私が彼女の気持ちを理解できなければ、彼に代弁することもできません。
“自分の気持ちを彼に伝えることが苦手” という女性はたくさんいます。
まずは仲人に気持ちを伝えることで練習してみてください(*^_^*)

三者面談では私が彼女の気持ちを代弁しましたが、プロポーズ後は彼女が本音を話せるようになっていました。
こうして、少しずつ夫婦になっていけばいいんです。
交際中のカップルも、夫婦も、それぞれのカタチがありますね。
型にはまらず、自分たちのカタチをみつけていきましょう。

Tさん、Bさんと末永くお幸せに!(*^_^*)

 

男性Bさん(41歳)福島市 2019年1月入会、2020年1月婚約

成婚された方の声(2020年1月に婚約した男性Bさん)

考えるより行動することが良縁に繋がります

彼は2019年1月に入会2月から婚活をスタートさせ、運命の出会いは2019年8月交際5ヶ月で婚約
婚活期間はちょうど1年でした。

入会してから積極的に婚活をしていきましたが、最初の半年間はなかなか良い縁がありませんでした。
それでも、彼は適度に面談に来て、僕からのアドバイスを熱心に聞き、実行していきました。

会員には常に伝えていることですが、「交際中の相談については、面談または電話で」としています。
これは、言葉にしづらいような微妙なニュアンスの内容が多いこと、書き手の文章力、読み手の読解力により解釈が異なる可能性が高いこと、これにより相談事にメールは “不向き” です。

結果オーライですが、彼はメールが苦手だったことが良かったのだと思います。
また、直接会って話せば、足りない情報はその場で補足し合えるので。

当然ですが、これは “仲人との面談” だけの話ではありません。
交際中の相手でも、何かモヤモヤしたところがあるなら、直接会って話し合えばいいです。
それで解決しないなら、その程度の縁でしょうし、そんなこと気にすることはありませんから。

2人にとっては、1月の例の “面談” が無かったら…もしかすると婚約はなかったかもしれません。
Bさん、どうかいつまでもお幸せに!

 

男性Jさん(39歳)二本松市 2018年9月入会、2019年12月婚約

成婚された方の声(2019年12月に婚約した男性Jさん)

彼女に “ありがとう” ということが増えました

彼は2018年9月に婚活スタート、運命の出会いは2019年7月、交際4ヶ月で婚約しました。
職業的なところもあったのかもしれませんが、根がとても真面目で、慎重派
なのに、結婚は焦っているという感じでした。

“焦り” は、ほとんどが良い結果になりませんからね。
仲人は婚活のプロですし、第3者としての立場から、冷静に状況を見ています。
このことはご本人からの手紙にも書いてありますが、僕からも「焦っているかな」と思った時には、アドバイスしていました。

婚活をしている会員の行動や言動からよく思うことですが、“自分自身を客観的に見れない” というのが、結婚相手がなかなか見つけられない要因の1つだと思います。
だからこそ、アエルふくしまは会員と仲人の2人3脚な婚活支援を行っているワケですし、彼はそのことを十分に理解した上で、積極的に仲人を利用していったことが、良縁に繋がったのではないかと思います。

アエルふくしまの会員の方なら入会時に話しているので知っているとは思いますが、婚活は上っ面(首から上)では前に進まないんです。
社会の一般的な仕事なら、上っ面のコミュニケーションで成り立つかもしれませんが、婚活は相手だけじゃなく仲人とも、“お互いが本音(腹の中)で向き合わないと前に進みません” からね。

Jさん、いつまでもお幸せに!

 

女性Hさん(43歳)郡山市 2018年6月入会、2019年10月婚約

成婚された方の声(2019年10月に婚約した女性Hさん)

無理のないペースで続けてたら、良縁が訪れました

彼女は2018年6月にアエルふくしまでの婚活をスタートさせ、運命の出会いは2019年6月、交際4ヶ月弱で婚約。
人懐っこい明るい性格がプロフィールにもにじみ出ていたのか、入会当初から多くの申込みがあり、積極的に婚活を進めていきました。

彼女が良縁に巡り会えたのは、彼女自身の努力です。
プライベートと婚活のバランスを考えて行動したり、婚活が停滞している時は面談も上手に活用していましたし、僕からのアドバイスも理解し、そのまま実行していましたね。
“他人任せでも、独りよがりでも無かった” というところが、最終的な結果に結びついたのだろうと感じました。

交際中、お相手と意見の衝突もあったようですが、あの時が2人にとってのターニングポイントだったと思います。

他の会員にも同様にアドバイスしているのですが、“交際中は結婚の練習” だと思えばいいんです。
全てがピッタリなんていう相手はいないし、生まれ育った環境が違う他人なんだから、意見が異なっていて当たり前。
ただ、衝突した時に、本心をさらけ出し、お互いを理解し、お互いを尊重し、前に進むことができたら、結婚相手として将来像が見えてくるのではないか…仲人としてはそう思うんですよね。

10月に婚約しましたが、その直後に台風19号により、手紙にあるような影響がありました。
それも乗り越えて、より絆が深まったのではないでしょうか。
Hさん、まだまだ状況が落ち着かないとは思いますが、いつまでもお幸せに〜!

 

女性Mさん(31歳)福島市 2018年11月入会、2019年10月婚約

成婚された方の声(2019年10月に婚約した女性Mさん)

言われた通りにやってみる、それが結婚への早道

彼女は2018年12月に婚活をスタートさせ、運命の出会いは4月、交際6ヶ月で婚約、婚活期間は11ヶ月でした。

こんなに可愛らしい字を書きますが、仕事のできる自立した女性で、相手に求めるものは “自立していること” でした。
「どこでも仕事はできるので、全国お嫁に行けます!」と頼もしい言葉をもらい婚活が始まりましたが、結果、福島市在住の男性と結婚が決まりました。

たくさんの会員を見ていて思うのですが、たくさんの条件を出す方は婚活自体が難しい傾向にあります。
逆に、Mさんのように、条件はひとつ、「あとはまずはお会いします!」という方が良縁がやってくるように感じます。
条件をたくさん出す方は、不思議と自らも同じ視点で見られることが多いんです。

「成婚者の声」については、婚活中のみなさん、とても興味深く読んでいることと思います。
自分とは何か違うのか、いろいろ考えてしまいますよね。

彼女は、私のアドバイス通りに “まずはやってみます” という姿勢で婚活をしていました。
どう行動したのか詳しく知りたい会員は、個別に仲人に聞いてくださいね。

「◯◯を目標」としたら、まずは「◯◯を成功している人の真似をする!」のが近道です。
痩せたかったら、ダイエット成功している人の真似をする!のと同じです。
言うのは簡単なんですが、実際にやってみるとなかなかね。。。

まずは仲人に近道を聞いてみましょう。

 

2019年

 

2018年

 

2017年

 

2016年

PAGETOP
Copyright © アエルふくしま All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.