【結婚相談所】婚活で「お金」の話は避けて通れない

動画ブログ

皆さん、こんにちは。アエルふくしまの市川です。

今回は、アエルふくしまで婚活をしていて、今現在交際中である複数の会員さんから、婚活中のお金に関する質問がありましたので、実際の話はプライバシーの関係もあるのでここでは話せませんけども、それらに関連することを話していきたいと思います。
男性も女性も、婚活をしている方なら関係する大事な話になります。

収入と支出と資産

まず最初にお伝えしたいのは、「お金」と一言でいっても、「入るお金(収入)」と「出るお金(支出)」、そして、「残るお金(資産)」の3つがあるということですね。

結婚相談所での婚活をされている方ならご存知の通り、男性の場合は、基本的に「年収額」がプロフィールに記載されています。女性の場合は任意記載ですけどね。

だから、「入るお金」である収入については、プロフィールを読めば分かるということになりますが、「出るお金(支出)」の部分や、「残るお金(資産)」については、具体的な数値の記載はありません。
ただ、趣味とか資産とか家族構成の欄を読めば、ある程度の支出や資産をイメージすることは可能な場合もあります。

収入が多い=資産が多いとは限らない

過去に存在した、実際の男性会員さんの話なんですけど、仮にAさんとしましょうか。

そのAさんは、年齢における世間一般の平均からすると、年収額は低めだったのですが、その代わり、実家暮らしで、あまりお金を使わないような趣味だったので支出も少なく、その分、株式なり資産形成を若い時からコツコツと続け、一定額の預貯金があるという方でした。

もう一人、Bさんという男性もおりました。その方は、世間一般よりも年収額が高めの方ですが、趣味が海外旅行やゴルフなど、福島在住ですが週末は毎週友達と東京へ遊びに行く、といった方で、資産は低かったですね。

だから、Aさんが良い、という意味じゃありません。

プロフィール欄には年収額しか金額として記載はありませんが、支出や生活環境によって資産は変動するということを理解していただきたいのです。
つまり、「年収の高さ」で、その相手を判断しないでいただきたいということです。

相手の「お金」について聞くタイミング

もちろん、年収が高くて、支出も少ないほうが、資産は多いはずですので、そういう方がいいと思うのも当然だとは思います。ただ、今度はそういう方の中にはですね、ケチな人もいるので、単純に「資産が多いから良い」とは限りません。
まぁここは難しいところですが、交際中にデートを何回かすれば、相手の行動である程度は把握できると思います。

いずれにしてもリアルな部分は、お見合いではあまりにも踏み込んだ話ってしないので、分からないかもしれません。普通は交際に入ってからだと思うし、ある程度は結婚後の具体的なイメージを話し合えるような、信頼関係ができてからだと思います。

婚活で「お金」の話は避けて通れない

結婚すれば、家族収入として、生きていくために必要なお金を把握することは大事ですし、将来の夢、例えば子供は何人欲しいとなった場合に、そしたら、子供一人が成人するまでに必要となる金額は約2,000万円である、というニュース記事は沢山出ていますからご存知だとは思いますが、それ以外にその家族構成に見合った居住空間、つまり家ですね、賃貸でも持ち家でも必要になるわけですし、親が介護状態になったらその費用、自分たちの老後資金だって必要になってきます。

それらが同時に必要になるワケではありませんが、普通は結婚すると、そういうことを夫婦で考えながら生活することになるワケです。

逆にいうと、それらを交際中に話し合えるような仲になっていれば、まぁ交際はある程度は深まってきている、と思って良いと思います。
ただ、そのお金におけるリアルな話を詰めていく過程において、金銭的な価値観の違いなどは分かって、結局は交際終了となる場合もあるかもしれませんけども、まぁそれはそれで結婚する前に分かって、逆に良かったということですから気にしないようにしてください。

まだまだ婚活におけるお金の話は色々あるのですが、長くなりますので今日はこの辺でしておきます。
はい、というわけで、今日は「婚活におけるお金」について話しました。
それではまた。

関連記事

最近の記事

  1. お見合い交際で失敗しないための5つのポイント!【女性版】

  2. 婚活で大切な距離感。初めてのデートで起こったハプニングから学ぶ教訓…

  3. 最後の手段じゃない!結婚相談所は婚活の近道

  4. 婚活が長引く原因は?3つのステージで徹底解説!