『相手のことをもっと知りたい』という気持ちがとても大事

婚活

こんにちは!仲人カウンセラーの安部です。

結婚相談所では、申し込みの仲介やお見合いセッティング等を仲人がします。
お見合い後に、双方が交際希望のお返事をすることで交際に進み、そこで初めて会員さん同士の連絡先を交換することになります。
今日は、この『交際』に進んでからの大事な話しです。

交際になったら

まずは、基本的に男性から女性へ連絡を入れ、

  • お見合いのお礼
  • 連絡手段
  • 次のデートの約束

をします。

この時点では、『相手のことをもっと知りたい』という気持ちは少ない方が大半です。
お見合いは1時間程度、喫茶店等で話しをしますが、「はじめまして」のお相手と1時間程度話して「この人が運命の人!」と思うのは稀
それは、1%も無いくらいの確率です。
ほとんどの方が「まだわからないけど、もう1度会ってみようかな」くらいの気持ちで交際に進みます。

わからないから会ってみる

もし今まで、「わからないからお断り」と考えていた方、その考え方はやめましょう。それは、自ら縁を切り捨てる行為です。
そのように考えていた方は、今日からは「わからないから会ってみる」に切り替えましょう。

初回デートの約束を決める中で、電話やLINEでのやりとりが必要になり、そこで相手の印象が変わることもあります。

そして初回デートでは、これまでの相手の印象がガラッと変わることも多くあります。
お見合いの印象、初回デートまでの印象、初回デートの印象。
振り返ってみると、自分で勝手にいろいろと考え過ぎていただけなんだと思うことが多いです。

ちゃんと相手と向き合って、『相手を知る』『自分を知ってもらう』ことが大事です。
そのためには『相手のことをもっと知りたい』という自分の気持ちが原動力になります。

相手の良い部分にスポットを当てて、まずは『この人のことをもっと知りたい』と思える相手を見つけましょう!

関連記事

最近の記事

  1. お見合い交際で失敗しないための5つのポイント!【女性版】

  2. 婚活で大切な距離感。初めてのデートで起こったハプニングから学ぶ教訓…

  3. 最後の手段じゃない!結婚相談所は婚活の近道

  4. 婚活が長引く原因は?3つのステージで徹底解説!