プロポーズのタイミング

こんにちは。
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

今日で2月も終わり…明日からは3月!
朝から生憎の雨ですが、最近は暖かい日が続いていますよね…この勢いでは、今年もあっという間に終わりそうです(苦笑
僕の趣味の一つが自転車なのですが、定休日に初ライドしてきました。

さてさて、この1週間も大勢の会員たちの婚活支援をしておりましたが、特に交際中の会員からの相談が多かったような気がします。
まぁいろいろな相談内容があるのですが、今回はその中の一つ “プロポーズのタイミング” について書きます。

まぁ普通は人生で1回限り、かといって初婚なら経験がないのですから、不安になるのが当たり前。
アエルふくしまでは “交際期間は最大6ヶ月” と決まっていますが、だからといって期間で決まるものでもありません。
あくまで “交際密度” ですね。
なので、双方から交際報告を受けている仲人なら、「ぼちぼちプロポーズのタイミングかな?」という、だいたいの感覚はあります。

それと、3月と4月は異動の時期であり、これがプロポーズに影響することがあります。
同僚などに迷惑をかけないよう配慮したい、そういったことを気にする女性も多いと思います。

異動の時期は所属する組織によってバラバラ(夏の場合もありますものね)ですが、昨年もこの異動の関係でプロポーズが急に早まったカップルがいました。
なので、交際中にお互いの職場のこと、繁忙期や異動時期なども少しずつ話していたほうが良いです。

それと意外と知られていないのが、“婚約指輪って、お店に行ってすぐに現物を買って帰れない” ってことです。
ダイヤ単体は買えますけどね…リングはダイヤをはめたり、サイズとか、諸々準備期間が必要で、大体1ヶ月は見たほうがいいですね。
男性ってこういうところ疎いので、注意が必要です。
プロポーズに形はありませんし、自分のしたいような形のプロポーズで構いませんが、もし婚約指輪を準備してプロポーズしたいなら、1ヶ月以上前には検討し、仲人にも相談しましょう。

あとは、「プロポーズと親御さんへの挨拶は、どっちが先ですか?」的な相談も多いです。
これも特に決まっているワケじゃないので、2人で話し合って決めればいいですよ。