結婚相談所にはどんな男性がいる?

婚活

こんにちは!
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

結婚相談所には、いったいどういう男性がいるのか?
婚活をする女性なら気になるところですよね。

真剣に結婚を考えている

真剣に結婚を考えているかどうかは、結婚相談所における入会条件であり、入会面談の際に本人が真剣かどうかをカウンセラーがヒアリングをして確認します。

同時に、入会に必要となる書類も本人確認、独身証明書、所得証明、学歴証明(短大卒以上は必須)、資格証明(医師や弁護士は必須)などがありますので、それらの準備をするだけの「真剣さ」が、行動でも証明されます。

よって、当然ながら結婚を本気で考えている方のみ会員(もちろん女性も)となります。

女性との出会いが少ない

入会時にヒアリングすると、ほとんどの男性が「女性との出会いがない」という声をよく耳にします。未婚女性の比率が低い職場環境に勤務する男性もおります。
特に福島のような田舎においては、実家から勤務先へ車で通勤する方も多く、この傾向は顕著だと思います。

また、昔と違って上司が部下に対して「営業の●●くん、彼女いないなら総務の●●さんがいいんじゃないか?」などと発言することは、セクハラに該当する可能性が十分にありますし、職場で女性に声をかけにくい時代背景もあるようです。

仕事が忙しい

条件は良いのに婚期が遅れる方の一定数は、この「仕事が忙しい」という理由に該当する場合があります。
ただし、婚活をスタートさせるなら、お相手とのお見合いや交際など婚活するための時間を確保する必要はあります。そのため、仕事が一段落してから入会される方が多いと感じます。

結婚相談所はしっかりと身元確認がされた方のみ会員になれますので、仕事が忙しい方でも安心してお相手探しができる環境になります。

なるべく効率的に結婚相手を見つけたい

先述の仕事が忙しいにも関連しますが、弁護士や医師などの所謂「士業」という肩書をもつ男性も在籍しています。
それらの男性は、どうしても自分でコントロールできないほど多忙な毎日を送っておりますので、なるべく効率的に結婚相手を見つけたい(もちろん素敵な女性を)と思っているようです。

そして、結婚相談所には交際期間や成婚に関するルールがありますので、ダラダラした関係にはなりません。例えば「恋愛交際で5年間も同棲した挙げ句、結局は交際が破局した」なんて悲劇にはならないのです。

年収が高め

結婚相談所は、入会時に源泉徴収票などの所得証明の提出が必須であり、ある程度まとまった入会金や毎月の月会費も発生します。

よって、一定の安定した収入がある方、高収入な方が多い傾向にあります。証明された年収が出会う前にプロフィールで確認できるので、結婚後の家族収入などを考える女性には、より具体的な婚活が可能です。

関連記事

最近の記事

  1. 婚活を忘れてリフレッシュしてもOK!

  2. 【結婚相談所】仲人士が教える、お見合い成立率をアップさせるためのテ…

  3. 福島市50代の女性会員さんが成婚しました!

  4. 『相手のことをもっと知りたい』という気持ちがとても大事