【婚活あるある】理想のお相手を探す時、男女では着眼点が違う

婚活

お見合いしたい相手を探す時、アナタなら相手のどの部分に着眼しますか?
婚活システムにおけるお見合いというのは、お相手のプロフィールを確認し、会ってみたいという気持ちがあれば、お見合いを申込みところからスタートするワケですから、男女間の着眼点の違いを理解しておく必要があります。

実は、男女間で違いがあるようです。もちろん、人により着眼点は異なるでしょうけど、男性は女性の写真と年齢ばかり見るそうで、女性は男性の写真もさることながら、職業(年収)、身長、学歴を見る人が多いようです。

男性と女性では、お互い同じ目線で相手を見ているわけではないんですね。女性の皆さんは、特にプロフィール写真が大事になりますから、ベストショットなものを用意しましょう!
アエルふくしまでは、写真館での撮影をオススメしています。なお、写真にも婚活を成功させるノウハウがありますので、入会前に用意する必要はありません。入会してからご説明します。

男性の皆さんは…職業も身長も学歴も、どの条件も簡単に変えられるものではないですよね。もちろん、掲載する情報を偽ることは出来ません。掲載する情報は正確である必要があるので、源泉徴収票等で年収を確認し、医師や弁護士の方などは、資格証明書の確認もしています。また、会員期間中に掲載内容の変更があった場合は、速やかに仲人に連絡して修正する必要があります。

最近では、女性から男性への申込みが格段に増えています。よって、やはり、写真の出来栄えが相手に与える印象というものは、無視できるものではありません。自分から申し込んでもなかなかお見合いにならないアナタ、相手からの申込みが来ていないアナタ、ダイエットして5〜10kgも痩せたというアナタ、ぜひ写真の更新を検討してみてください。

婚活は「自分が相手を選ぶ」っていうより、「相手に選ばれる」ってところが大事ですから。
それでは、また!

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. 忘れられない祖母の言葉

  2. 『新米妻』と『新米夫』

  3. 【婚活あるある】条件の良い人は「交際中」が多い

  4. 条件の合わない人が運命の人だった話