婚活格言「とにかく結婚したまえ(ソクラテス)」

こんにちは。
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

週末は、40代男性とオンライン入会面談、30代女性とサロンでの入会面談、6月に婚約した会員の成婚報告、6組のお見合いがありました。
今週は、30代の女性会員が成婚報告のためサロンへ来ていただける予定なので、今から楽しみにしております。

さて、今日は、婚活格言な話しです。
皆さん、「ソクラテス」という名前はご存知でしょう。
古代ギリシャの哲学者として有名です。

そんな彼には、ある肩書があって…「世界三大悪妻の夫」とも言われていたそうです。
自分の弟子や友人に、

「とにかく結婚したまえ、良妻を得れば幸せになれるし、悪妻を得れば私のように哲学者になれる。そしてそれは、誰にとってもいいことなのだ」

と、結婚をすすめていますが、これは何を意味するのか。

「結婚がゴールではない」」ということは、よく聞く話です。
結婚してからの長い人生、たまには困難に立ち向かわなければならない場面も、おそらく1度や2度ではないかもしれません。そんな時、夫婦・家族が一致団結し、前に進んでいくものだと思います。

つまりは、「結婚しなければ分からないことも沢山ある」ということですかね。

だからというワケではもないのですが、交際に対して不安をお持ちの方には、「結婚後の練習だと思って、(交際終了を恐れず)お相手と交際してみてください」とアドバイスしています。

聞きたいことがあったら、相手に聞いてみる。
言いたいことがあったら、相手に言ってみる。
(ただし、「言うタイミング」や「言い方」には気をつけて)

後で後悔しないように何事も経験、そして人間の成長があります。
仲人士としては、「とにかく婚活したまえ」「とにかくお見合いしたまえ」「とにかく会ってみたまえ」と言いたいワケです。