世界は平均的なものによって成り立っているが...

こんにちは!
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

週末は、30代、40代の男女3名の入会面談、Zoomオンラインお見合い、リアルお見合い、会員からの婚活電話相談など、相変わらずバタバタとした土日でした。
最近、「果たして東京オリンピックは開催されるのか?」という話題を耳にすることが多くなっているように感じます。
コロナの収束次第なんでしょうけど、どうなるんでしょうね。

先日、自宅に飾ってあるカレンダーを眺めていたところ、そこに記載されていたフランスの詩が、ふと目に止まりました。
婚活にも参考になると思いましたので、今日はそれをご紹介したいと思います。

フランスの詩人ポール・アンブロワーズ・ヴァレリー
「世界は平均的なものによって成り立っているが、その価値は極端なものによってしか生み出されない」

婚活は、人の数だけカタチがあります。

入会1ヶ月で運命の相手に出会い、結婚する人もいます。
Zoomオンラインお見合い後、リアルで2回だけ会って結婚を決めた人もいます。
3年以上婚活(お見合いは数知れず)をして、ようやく相手を見つけた人もいます。

仲人はよく会員から「他の人はどうしていますか?」と聞かれますが、他人のカタチは参考になる場合もあるし、参考にならないかもしれません。

自分に自信があるなら、自分の道を行けばいい。
自分に自信がないなら、仲人と一緒にその道を探せばいい。

先日、ユニクロ柳井氏へのインタビュー記事でも、同様の意味にとれる内容が掲載されていました。
「世界基準は自ら作り出す」と。

ただし、1点だけ気をつけていただきたいのは、「その方法が最短かどうかは分からない」ということです。
なので、「婚活で最短を目指すなら、仲人のアドバイスを取り入れたほうが良い」と、思いますよ。