婚活の“申込み”は、告白でもプロポーズでもない。

婚活

こんにちは(^_^)
アエルふくしま マリッジアドバイザー 安部 です。

婚活を始めてみたけれど、『申込みを躊躇してしまう』方、少なくないですね。

なぜ申込みを躊躇してしまうんでしょう?

申込みをして、断られたら、、、凹みますね。

なぜ凹むのでしょう?

申込みを厳選し、全精力を使って申込みをするからです。

全精力を使って1件申込みをして、断られて凹む。
その経験をすると、次に申し込むのが怖くなってしまうんですね。

そもそも、厳選した申込みって、とっても自分好みなお相手です。
自分好みのお相手のプロフィールを見て、自分好みの中身を想像して、全精力を使って申込みをする。
そりゃ、断られたら凹みますね。

でも、仲人から見ると、
『ただただ理想像を造って、告白した気持ちになって、勝手に振られた気持ちになっている』だけです。

これは、男性で多いパターンですが、女性でも起こりうることです。

女性の場合は、申し込まれて、その中から1人だけ厳選してお見合いをセッティング、お見合いまでに理想像を造りあげる。
そして、実際に会ってみて、自分の理想像と違ってガッカリする。
想像を膨らましていた分だけ、落胆加減が激しくなります。

そして、申込みをしてくれた、厳選から外れたお相手との出逢いを全て捨ててしまったことを後悔します。
その後は、その方達に自分から改めて申込みをするところからリスタートです。

『プロフィールで相手を判断しない』
『プロフィールから夢を見すぎない』
『会う前にアレコレ想像しない』

まずは申込みをしてから、会ってから考えましょう!
そのための “お見合い料0円” です。

関連記事

最近の記事

  1. 条件の合わない人が運命の人だった話

  2. 恋愛経験がなくても結婚できます!

  3. 【仲人士の婚活考察】結婚の平均年齢は?

  4. 女性の婚活服を買うなら?