Z世代、タイパ婚活

婚活

昨日、福島市の20代男性が「IBJ婚活コース」にて入会しました。

最近は、20代からの結婚相談所への入会が増えています。背景には、結婚の意志があるかどうかも分からない人と、表面的な会話をテキストメッセージで繰り返すことによる「マッチングアプリ疲れ」が一因としてあるようです。
これは関東や関西など首都圏に限った話ではなく、福島のような田舎でも同様の動きがあります。

結婚相談所は身元のしっかりしている、本気で結婚相手を見つけたい方しか入会できない」ので、結婚相手を本気で探したいタイパ重視の方々に、結婚相談所での婚活はまさに最適なんです。

特にIBJ婚活は「1年以内の成婚を目指す」というのがキャッチコピーです。実は、アエルふくしまで過去に成婚した方のうち、70.5%は1年以内に結婚相手を見つけていますので、根拠となる実績もあります。

しかしながら、結婚はお互いの信頼関係を構築するための期間というか、「深さ」が必要になります。20代に限らず婚活での「時間」はとても大切ですが、タイパを意識するあまり、相手判断を誤る可能性もあるので、やはり、「仲人カウンセラーのような第三者がいる結婚相談所」での婚活をオススメしたいです。

婚活コースによっては「交際期間のルール」が違うので、タイパを目指すなら交際期間が基本3ヶ月と短い「IBJ婚活コース」、じっくり進めたいなら交際期間が基本6ヶ月の「NK婚活コース」、そういった選択もアリだと思います。

実はあまり知られていないことですが、「婚活途中でのコース変更も可能(お見合い成立中や交際中は不可)」なんですから、どの婚活コースを選んでスタートしたとしても、「まずはやってみる」という姿勢が大事ですよ。

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. お見合い交際で失敗しないための5つのポイント!【女性版】

  2. 婚活で大切な距離感。初めてのデートで起こったハプニングから学ぶ教訓…

  3. 最後の手段じゃない!結婚相談所は婚活の近道

  4. 婚活が長引く原因は?3つのステージで徹底解説!