交際に進むために必要な「たった一つ」のこと

婚活

こんにちは!
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

お見合いにはなるんだけど、なかなか交際に進むことができないという男性の皆さんのために、交際に進むために必要な「たった一つのこと」をお伝えします。

誰でもできる簡単なこと

それは何かというと…「お見合いをしたら、女性より先に交際希望の返事を伝える事(お見合いが終わったらスグが理想)」ということです。間違っても、翌日の返事期限ギリギリ、女性よりも後に返事をしてはいけません(お断りの場合は別です)。

たったコレだけです。

女性の中には、「もし、相手の男性から交際希望が来たら、OKしてみようかしら」と思っている方もいます。
でも、男性側が「もし、女性から交際希望の返事が来たら、僕も交際希望にしようかな」などと思ってるとしたら…そんな男性に、果たして誰が魅力を感じるでしょうか?
女性から見て、尊敬できる男性だと認めてもらえるでしょうか?

もちろん、先に交際希望を伝えたからといって、必ずしも交際になるとは限りません。また、交際したいと思っていないのに交際希望を出すのは、相手に大変失礼な話になりますのでNGです。

なぜ?

女性は、一般的には比較対象となるものが必要です。いろいろなものを見て回った挙げ句、結局は何も買わないで帰るという女性のウインドウショッピング。女性のそうした行動は、男性の多くは理解しがたいイメージを持っているのではないでしょうか。男性の場合は、買うものを決めていく人が多いと思いますので。

ヒトとモノを同列に扱っているわけではありませんが、まぁ基本的な考え方は同じです。なお、今回ご紹介した方法は男性だけじゃなく女性にも使えるテクニックですが、積極的に男性に攻めることができる女性以外にはオススメしません。

お見合いに気合入れすぎないように

仲人の僕から見ると、お見合いにならない方や、お見合いから交際に進まない方の多くが、お見合いに気合いを入れ過ぎだと思われます(男性も女性も)。

でも、「(女性に)フラれるのが嫌だ」と思っているなら、それは違います。お見合いは、ただ単に1時間ほどお茶を飲むだけのことです。もちろん、交際になったらとても喜ばしいことですが、結婚のレールに乗ったワケではありません。そもそも女性の多くは「もう1回くらい会ってみてもいいかな」程度にしか思っていないかもしれないのです。

交際になったとしても、それは【仮交際(IBJでは「プレ交際」と呼んでいます)】みたいなもので、最初の1ヶ月程度はお見合いの延長の雰囲気になります。より具体的な結婚への話になっていくのは、一般的には交際2ヶ月目以降(IBJですと「真剣交際」)になります。

なので、婚活男性の皆さん、もっとリラックスしてお見合いをしてみてください。そして、今回お伝えした「たった一つのこと」を実践してみてください。良いご縁が一つでも増えれば幸いです!

関連記事

キャンペーン一覧

最近の記事

  1. 婚活男子の清潔感について考えてみる

  2. 【40代独身男性】結婚したいのか、ただ夢を見たいのか

  3. 【結婚相談所】写真なし婚活はNG!

  4. 婚活成功の秘訣!IBJデート報告機能で成婚へ近づく