【お見合いで選ばえる】自己PRを書く際の注意点

婚活

こんにちは!アエルふくしま代表・仲人士の市川です。
本日は婚活している会員さん向けで、特に【入会初期の方】【お見合いが組めていない方】には必読です。

プロフィールの目的意識をハッキリさせる

結婚相談所もマッチングアプリもそうですが、まずは異性のプロフィール検索からお相手探しが始まります。
相手のプロフィールを見て「会ってみたいな」と思うから申し込んだり、申し込まれたりするワケですから、婚活においてはプロフィールが大変重要なポイントになります。

これは僕がよく言っている「選ぶではなく、選ばれる」にも通じますし、異性からみて、どのような人物を求めているのかを考えておく必要があります。
英語でいえば「ギブ・アンド・テイク」、要は「アナタは相手に何を与えることができるのか」がポイントになります。

ここを理解していないと、申し込みしても成立しないし、交際にもなりません。

より具体的な内容も入れる

どこにでも書いてあるような漠然とした文章だけでは、お相手の心にヒットしないでしょう。
一部だけでも個性のある文章を入れることで、アナタの「人となり」が明確になります。
もちろんですが、嘘は書けません。
あとで「プロフィールに書いてあった内容と違った」など、トラブルにならないよう注意が必要です。

誤字脱字に注意する

婚活のプロフィールは、会員さん本人が原稿を書いて、それを元に仲人がシステムに登録、それを公開時に本人が確認するという流れです。

よって、一応はダブルチェックをしていることにはなるのですが、それでも人為的なミスはあるものです。
僕自身もミスをしたことがありますし、他所の会員さんのプロフィールで発見したこともあります。

誤字脱字はアナタの印象を悪くしますので、注意しましょう。

短くても長くてもダメ

やはり、適度な文章(情報)量というものがあります。
多すぎても「うわっ」となるし、少ないと「スカスカじゃん」と、読む前の第一印象で思われてしまいます。

長いのは担当仲人がギュッとまとめることもできますが、元々の情報が少ないのを長くするのは難しいので、そういう場合は、仲人と面談をすることをオススメしています。

定期的な見直しをしましょう

入会時には仲人がその方に合わせたプロフィールを作成していきますが、次にような場合は、内容を見直したほうが良い場合があります。

1)お見合いが成立しない場合
2)お見合いにはなるが、交際にならない場合

特に自己PR欄は書き方次第で、お見合いが成立したり、全く申込みが来なくなったりします。
そういう場合は、仲人に相談してみましょう。

女性が女性仲人に相談してみる、男性が男性仲人に相談してみるということでもいいですが、たまには、女性は男性仲人に相談してみる、男性は女性仲人に相談してみる、といったことも有効でしょう。

仲人からの視点というだけでなく、異性から見た視点ということもありますから。
アエルふくしまは男女の仲人が在籍していますので、そのような使い方ができます。


公式LINEアカウント「お友だち追加」&アンケート回答された方の中から抽選でクーポン配布中!

友だち追加

関連記事

最近の記事

  1. 婚活で大事な「自分らしさ」と「自信」

  2. 本宮市の31歳女性が結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ

  3. お見合い交際で失敗しないための5つのポイント!【女性版】

  4. 婚活で大切な距離感。初めてのデートで起こったハプニングから学ぶ教訓…