【動画ブログ】お見合い後の返事で迷ったら|理想の相手に会うために

動画ブログ

今回は「お見合い後、交際するかどうかの返事に迷った時」について話そうと思います。特に女性へ向けたアドバイスになります。

最初に結論を申し上げますと、アエルふくしまでは「兎にも角にも、迷ったら交際」とアドバイスしています。これには理由がありますので説明していきますと、まずは「恋愛交際」と「お見合い交際」の違いがあり、これをキチンと理解しておく必要があります。

恋愛交際の場合は、相手の情報をある程度は知り、好きになってから交際がスタートするのに対して、お見合い交際の場合は、どちらもよく知らない段階から交際になり、交際しながら相手を知り好きになる、という決定的な違いがあります。「知ってから始まる恋愛交際」と、「知らない状態で始まるお見合い交際」という、ホント真逆ですね。
つまり、お見合い交際は「相手をよく知らないから返事に迷う」のであって、「相手のことを知らないからこそ、相手を知るために交際する」ということです。

そういう特性の違いがあるので、恋愛経験が多い人ほど、お見合いで交際に進みにくいかもしれません。過去に恋愛経験の多い人は、過去の自身の経験則で判断しようとするから「迷う」ということがあります。そういう人は、先程説明した違いをよく理解しないと、いつまでたっても誰とも交際できないというループに陥る可能性があります。

そして、もう一つ、婚活に慣れていない女性、恋愛経験の少ない女性、特に真面目な女性ほど、「交際」というと「結婚」というイメージを浮かんでしまったり、重く感じてしまうかもしれませんが、決してそんなことはない、ということです。何故なら、交際になったからといっても、最初のうちは交際しているという感じはしないでしょうし、1回目のデートした後でお断りすることも可能だからです。よって、お見合いにおける交際というものを、あまり重く考える必要はありません。

誤解のないようにお伝えしますが、結婚相談所で婚活をする目的が「結婚相手を見つけること」である以上、「交際」というものは、その先にある「婚約」「結婚」へ向けてのステージという位置づけであることは間違いないのですが、交際になったからといって、決してその人と結婚というレールに乗ったワケではないということです。

先程お伝えしたとおり、よく知らない段階から交際がスタートするのが「お見合い交際」だし、相手を知るために交際にする、ということなのです。交際になれば、例えば、歩くスピードを自分に合わせてくれるかどうかとか、クルマの運転が上手かどうかとか、他人に優しいかどうかとか、女性への配慮が出来る人かどうかとかが分かってくるワケです。

最後にお伝えしたいのは、この「迷ったら交際」というアドバイスが正しい裏付けとして、実際にお見合い時に迷って仲人に相談し、仲人から「迷ったら交際」と言われて交際にして、そのおかげで結婚し、今ではお子さんがいるようなカップルも沢山いるということです。そしてこれは、アエルふくしまが過去6年間にわたり成婚最優秀賞を連続受賞できた理由の一つになっています。なので、「迷ったら交際」にして、前に進んでみてください。

はい、というわけで、今日は「お見合いの返事で迷ったら」という内容について話しました。それではまた。

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. 忘れられない祖母の言葉

  2. 『新米妻』と『新米夫』

  3. 【婚活あるある】条件の良い人は「交際中」が多い

  4. 条件の合わない人が運命の人だった話