婚活に対する考え方は人との関わり方そのまま

こんにちは(^_^)
アエルふくしま マリッジアドバイザー ERI です。

先日の降雪には驚きましたね!
吾妻小富士の雪うさぎも一時隠れてしまいました。
うって変わって金曜日は暑いくらいで桜の蕾も膨らみ始めました。
週末はお花見予定も忙しくなりますが、まずはお見合いの予定で埋めていきましょう!

今日は、“婚活の仕方は人それぞれ” というお話し。

婚活に対する考え方は、人との関わり方そのままです。
以下のように、交際期間が同じくらいの同年代の女性でも物事の捉え方は人それぞれ。

女性会員Aさん 「まだお互いの良い面しか見ていないと思いますが、悪い面なんて生活してみないと分からない」
女性会員Bさん 「結婚を考え始めたら不安要素がたくさん見えてきました。彼との相性は良いのだけれど、どうすればいいでしょうか?」

Aさんの場合は、彼とお付き合いを続け、お互いの気持ちやタイミングで結婚を考えていけばいいですね。

問題はBさんです。
Bさんはこれから “彼”“自分自身” と向き合わなければなりません。
Bさんは慎重派です。
石橋を叩いて渡るタイプ。

みなさん、それぞれに育った環境や性格、全てのものが違います。
Aさんのように楽観的になれたら、Bさんは楽かもしれません。
しかし、○十年生きてきて、根本的な考え方を変えることはかなり難しいことです。
ということは、どこかで折り合いをつけなければならないのだけど、どこで折り合いをつけるかは自分のサジ加減、というところです。

自分自身がどこで納得できるかをとことん考えましょう。
それには彼と正面から向き合わなければならない。
とても疲れるし、難しいことです。
それでも、自分の将来のために “今” 頑張って欲しいと思います。

Bさんのような方、たくさんいるのではないでしょうか?
こんなこと相談していいのかな、と相談を躊躇している貴女、面談予約してくださいね。
過去には、半月程悩んで面談に来て、面談開始5分で解決した悩みもありました(^_^)

ひとりで悶々と考えるより、まずは自分の気持ちを言葉にしてみましょう。