【結婚相談所】誰でもデキル!男性がお見合い→交際にススムために

婚活

こんにちは!アエルふくしま代表・仲人士の市川です。
本日は、結婚相談所で婚活をしていて【お見合いにはなるが交際にならない男性向け】の情報になります。高度なテクニック不要で、誰でも簡単にデキル情報のみ抜粋してみました。

なお、お見合いが成立しない方は、下記ブログをご覧ください。

前日までの準備

相手のプロフィールをよく読むということです。そして「相手に何を話すか」じゃなくて、「相手から何を聞きたいか」をメインに話す内容を考え、且つアウトプットすることが大事です。できればスマホにメモじゃなくて、紙などに書き出してみましょう(お見合い当日に確認したい場合は、メモアプリにも用意)。

それと、入会したての男性なら、当日の服装は担当する仲人に確認したほうが無難です。服装で女性にガッカリされてお断りされることって意外に多いですから。方法は、当日着る予定の服装上下および靴の写メを担当カウンセラーにLINEするだけ。

服装がイケてるかイケてないかではなく、大事なのは清潔感です。シワシワのズボンなどは最悪です。

当日(お見合い開始前)

遅くてもスタート時間の10分前に、相手より先に現地(お店というより待ち合わせ場所)に到着すること。これは最低条件です。時間にルーズな男性は、女性にマイナスな印象しか与えることができません。
余裕を持って現地に到着すれば、お相手のプロフィールを再確認したり、汗がひくのを待つ時間ができ、安心してお見合いに臨むことができます。

お見合い中

お相手が来たら最初の挨拶。自分の名前をフルネームと、「今日はどうぞよろしくお願いいたします」と明るくハッキリ伝えること。常日頃の職場でボソボソ挨拶をしている人にはまず無理ですので、今日から変えてみてください。

お店の席についたら、まずはメニューをお相手の女性に見てもらいましょう。女性が注文するものを決めたら、ご自身も決めて、その後にお店のスタッフさんを呼びましょう。

座る姿勢も大事です。「猫背」や「斜め座り」は最悪です。こちらも挨拶同様、日頃から注意しないと直りませんので、毎日の職場でトライしてみてください。

お見合い後

お店を出る際、お茶代などの会計はスムーズに行いましょう(お茶代は男性が支払うのが基本ルールです)。

そして、お店を出てお相手と別れる際に、「今日はありがとうございました。」と御礼をいうのは当たり前ですが、セットで「僕からはお断りません。どうぞよろしくお願いいたします。」と伝えましょう。

最後に

いかがだったでしょうか。冒頭でお伝えしましたとおり、今回の内容は各々のスペック(年齢、容姿、学歴、年収等)に関係なく、誰でもデキル要素ばかりです。

ただし、「誰でもデキル」とは言いましたが、「すぐにデキル」とは言いません。毎日のルーティンが大事なんです。デキてるかどうか自分で判断できない場合は、担当する仲人カウンセラーや友人・知人に聞いてみましょう。

上記全てを実施したのに相手と交際に進めなかった場合は、本当の意味で【相性が悪かった】ということになりますので、悔いが残らない結果になります(相性はなんともなりません)。

頑張ってみてください。

関連記事

最近の記事

  1. お見合い交際で失敗しないための5つのポイント!【女性版】

  2. 婚活で大切な距離感。初めてのデートで起こったハプニングから学ぶ教訓…

  3. 最後の手段じゃない!結婚相談所は婚活の近道

  4. 婚活が長引く原因は?3つのステージで徹底解説!