知らないと損する!結婚相談所と婚活イベント3つの違い

婚活

こんにちは!アエルふくしま代表の市川です。

「婚活」というのは「結婚活動」の略だということは皆さん知っていると思います。今回は結婚相談所とパーティーなど婚活イベントとの違いについて、僕が思うところをお伝えします。

結婚に対する意識の差

パーティーなどの婚活イベントは、同時に複数人の異性と出会えるチャンスがあり気軽に参加できますが、その反面、参加者ごとに「結婚に対する意識」に差があります。

「良い人がいればスグにでも結婚したい」という方と「3年くらい付き合ってから結婚したい」という方が混在している。つまり、「気軽に」利用している方もいるということですね。

この【結婚に対する意識の差】が、カップリング後に交際が続かない原因の一つだと個人的には思っていますが、結婚相談所を利用するメリットは、上記の点をクリアしているところがあります。

結婚相談所は「結婚を本気で考えている方」というのが入会条件として必須であり、その意識について担当カウンセラーが対面で具体的なヒアリングも行います。つまり、【結婚を本気で考えている方】しかおりません

また、交際期間にも男女共通のルールがありますので、ダラダラしたお付き合いは一切ありません。結婚相手を探して活動しているのですから当たり前ですけどね。

身元がハッキリしている

結婚相談所においては、実際に担当カウンセラーと入会面談があり、免許証や住民票による本人確認や所得証明(男性)もしておりますので、「本当に年収1,000万円のエリートサラリーマンなのだろうか?」なんて詮索する必要がありません。

過去には交際2ヶ月以内で婚約した方もいました。同じ目的をもった男女が出会い、相性が良ければ自ずとゴールは近いということです。

相手を見極める着眼点

婚活イベントは、男女とも「見た目」重視で決めようとする傾向にあるようです。

プロフィールカードは職業や趣味を自己申告で書きますが、それらが正しい情報なのかどうか証明はされていません。そして、1対1のトーク数分間だけで、異性全員分を記憶するのは難しいでしょう。よって、どうしても視覚的な要素に囚われがちになります。

一方、結婚相談所の場合は、事前にお相手のプロフィールをお互いがじっくりと確認し、会うかどうかを1人で考える時間があります。

プロフィールは、年齢、住んでいる地域、職業、婚歴、趣味、家族構成など情報量が豊富です。お見合いは1時間程度、2人だけで話をしますので、価値観や相性などの確認時間としては婚活イベントの何倍にもなります。

まとめ

婚活イベントは、参加するハードルが低いため気軽にお相手を探したい方が多く集まりますが、見た目を重視した選び方になり、結果的には交際が続かない傾向にあります。

結婚相談所は、会員になる必要がありますのでハードルが高いようですが、そのぶん真剣に結婚を考えている男女が集まり、会ってみて相性さえ良ければ、交際数ヶ月で婚約する割合が高い傾向になります。

…とはいえ、婚活を求める皆さんの声に応えるため、アエルふくしまでは「お見合い」も「婚活イベント」も提供しています。どちらがご自身にあった婚活スタイルなのか、じっくりと選んで欲しいです。

もちろん、時間とお金に余裕のある方は、両方を同時に婚活すれば良いと思います。
だって、今日という日は戻らないのだから。

関連記事

キャンペーン一覧

最近の記事

  1. 【婚活】50代男性が30代女性と結婚できる確率は?

  2. 婚活の必須アイテム!お見合いに最適な服装とは?

  3. 婚活で輝く!あなたの魅力発見の秘訣は〇〇にあった!

  4. 福島市の38歳女性が結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ