婚活における「お客様扱い」

こんにちは!
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

入会面談の際に必ず話していることですが、アエルふくしまは「会員をお客様扱いしません」
婚活における「お客様扱い」とはどういうことでしょうか?

  • アナタならスグに結婚が決まりますよ

上記のことは、アエルふくしまでは、決して言いません。
当たり前ですが、誰が誰と、いつ結婚できるかどうか、それは誰にも分かりません。
でも、婚活をしている方なら、本当は言って欲しいですよね。

その気持はよーく分かっております…が、心を鬼にして、常に「本当のこと」を伝えています。
現実は厳しいんです。
婚活は甘くありません。
「お客様扱い」はある意味「現実とは異なる」場合も多い、ということです。

よって、厳しいことを言う時もあります。
ただ、決してスパルタとか、そういう意味じゃありません。
「叱咤激励」ですね。

これは僕自身の仲人としてのポリシーでもあるのですが、「会員にとっても仲人にとっても、時間が一番大切」ということ。
だから、なるべくストレートな物言いになることが多いのです。

何故なら、会員である全員が本気で結婚相手を探しているから。
お相手は、アナタからの申込みを、優しさで受諾したりはしないから。
たった1人の運命の人以外、「お断りしたり」「お断りされる」から。

婚活者の中には「優柔不断」の方もおりますが、それでも結婚を決めるのは他でもない、自分自身です。
仲人が決めるワケではありません。

ただ、正直に言いますと、結婚自体は決して難しいことだとは思っていません。

まぁでも、最初からうまくいくなんて考えないほうが無難かもしれません。
だって、そんなに簡単にいくなら、婚活なんてしていないでしょうから。

仲人は、「決断する方法」を会員へアドバイスしています。