婚活のネット記事を読む

婚活

先日、伊達市の40代男性会員から、婚活における相談がありました。

「ネットに○○って書いてあったんですが、本当ですか?」

婚活のゴールは「結婚相手を見つけること」ですが、その道程は、婚活をしている人の数だけ異なります。
基本的なセオリーはありますけどね。

今や誰しもスマホを操り、「婚活」というキーワードでググれば、沢山の関連情報が目に飛び込んできます。
それらの情報は日常の中で気軽に得られる反面、注意が必要です。

「交際初期は、LINEなどで頻繁にアプローチすべし!」と書いてあれば、それを鵜呑みにし行動した結果、相手から即刻でお断りされるケースがあったり。

「ブログに書いてある通りに行動したのに…どうして?」
アナタは、そう思うかもしれません。

まず、ネットにある婚活の情報(ブログやYouTubeなどの動画、もちろんアエルふくしまも含め)は、全員にそのままソックリは当てはまらない、ということを忘れないで欲しいと思います。
また、ブログであれば掲載する枠(テキスト文字数)の制限、動画であれば尺の制限などもあるでしょう。

一人ひとりスペックや相手に求める条件や性格が異なるからこそ、その一人ひとりに合わせて婚活の相談ができる仲人士という存在があるということ。

ネットの記事を読むこと自体は、特に問題ではありません。
ただ、アナタの婚活にとっては、ただ邪魔かもしれませんよ?というケースもあるということです。

実際、「婚活は右も左も分かりません!」という状態からスタートし、仲人のアドバイスを「なるほど、そうなんですね!」と素直に聞いて行動した人のほうが、あっさりと結婚相手を見つけるものです。

ネットにある情報はあくまで「1つの情報」とだけ捉え、より具体的な相談においては、婚活のプロである仲人に相談する。
それが、婚活を成功させる最短距離だと思っています。


今日も秋晴れな天気。福島市の浄土平は、紅葉の見頃を迎えつつあるようです。
僕もそろそろ趣味のロードバイクで登りたいなぁ…と、サロンから西の山を眺めながらの月曜日でした!
それでは、また。

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. 忘れられない祖母の言葉

  2. 『新米妻』と『新米夫』

  3. 【婚活あるある】条件の良い人は「交際中」が多い

  4. 条件の合わない人が運命の人だった話