【婚活あるある】交際に進んだら努力しなければならないこと

婚活

お見合いをして交際になった後、男女共にあまり連絡をせず、時間だけが過ぎていくカップルがたまにいます。他力本願な二人が交際をするとそのようなことになるんですね。

なぜ交際は続けているのに、相手に連絡をしないんでしょう?
本人達には、それぞれに理由があるようです。

例えば、「仕事が忙しいと言っていたので、自分からの連絡は遠慮していた」「LINEが途切れてしまって、連絡するタイミングを逃した」などなど。

「正直なところ、交際に進んでみたけど、自分から積極的にいきたい程でもない」という方もいるでしょう。

理由はどうであれ、連絡をしていない時間だけが過ぎているというのが現実です。そして、相手の時間をも無駄にさせてしまっています。

お見合いから交際に進んで努力しなければならないことは、『相手を知る』『自分を知ってもらう』ことです。まず、お見合いから交際に進んだ時点で、『相手のことが大好き!』なんて方は稀です。ほとんどが『相手に少し興味がある』程度。そこで、『相手を知る』『自分を知ってもらう』ことで、好きになるかどうかの判断材料を掘り起こすんです。

婚活をして、せっかくお見合いになって、せっかく交際に進んだのに。。。相手を知らないままに交際を終えるのはもったいない!と思いませんか?

そのために、『相手を知る』『自分を知ってもらう』ことをしましょう。知った上で合わなかったら、次のステップへ進めばいいんです。『相手を知る』『自分を知ってもらう』方法がわからない場合は相談してください。


今年も残り3週間。師走とはよく言ったものです。会員のみなさん、年末に向けてバタバタとしている感じを受けます。交際中の方はクリスマスと年末年始の準備を。そうでない方は来年に向けての申し込みを。様々なことを先延ばしにせず、自ら動いていける人になりましょう。

仲人士 安部

関連記事

最近の記事

  1. 忘れられない祖母の言葉

  2. 『新米妻』と『新米夫』

  3. 【婚活あるある】条件の良い人は「交際中」が多い

  4. 条件の合わない人が運命の人だった話