【お見合いアルアル】結果は待ち合わせで決まる

婚活

お見合いから交際に進むためには、「相手に好かれる」というより、「相手に嫌われない」ほうが大事だと思います。何故かというと、初めて会う人と1時間くらい話したからといって、急に恋愛感情は沸かないからです。

当然、「相性が良いかどうか」という部分が、交際への判断基準として大事な要素であることは間違いありませんが、相性は誤魔化しようがありません。でも実は、それ以外にも交際に進む(相手に嫌われない)ために大事な要素があります。

仲人としてお見合いに立ち会っていると、相性以外の部分で、損をしている会員の行動を目の当たりにします。その一つは「待ち合わせ」についてです。

お見合いの感想を女性会員に聞いてみたところ、「今日お見合いした方ですが、少し遅れていらっしゃいました」ということでした。相手の男性と話した印象よりも、遅れてきたことのほうが印象に残った、ということなのでしょう。

さっそく相手の男性会員に確認したら、決して遅れたワケではありませんでしたが、女性からすれば「待たされた=時間に遅れた」という印象に繋がってしまったようです。

人の印象とは勝手なものですが、「もしかして、交際になったとしてもデートにも遅れるのかもしれない」「職場でも始業時間ギリギリに到着するのではないだろうか」と、時間にルーズな印象を持たれてしまいます。そして、結果的に「交際」にはなりません。

アエルふくしまにおけるリアルお見合いにおいて、「待ち合わせ場所へ、遅くても20分前に到着すること(男性会員)」としています。簡単に言えば、「男性が先に現地に到着し、待合せ場所で女性の到着を待つ」ということです。男性から女性へ申込む場合と、女性が男性へ申込む場合では立場的には多少逆転する気もしますが、まだ今のところは男性が待ったほうがスマートだと感じます。

何事も第一印象」が大事。職場で先輩に教わったか方も多いでしょうけど、婚活においても然り、です。お見合いにはなるが交際に進めない方は、一度この辺から見直してみる必要があるかもしれませんよ。

先ほど「相性はどうしようもない」と言いましたが、今回ご紹介した部分は、「気付けば誰にでも変えられる部分」です。「気付き」で人は変わるものですが、「腹の底から理解する」必要があります。所謂「腹落ち」ですね。
ぜひ活用して、今年こそ良いお相手を見つけましょう。

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. 結婚相談所は最後の砦?

  2. 2022年11月に婚約した、郡山市30代女性Aさんからのハッピーボ…

  3. 2022年9月に婚約した郡山市40代男性Jさんからのハッピーボイス…

  4. ご縁と引き寄せの法則