交際になるのに長続きしない場合の対処法

婚活

こんにちは!アエルふくしま代表の市川です。
今回はアエルふくしま会員の皆さん(男女)対象です。交際にはなるんだけど、その後なかなか進まない方、相手からお断りされる方にぜひ読んでいただきたい内容です。

最初に結論

どのような対処法があるのかというと、担当する仲人カウンセラーに「デート前に相談する」ことです(デート後ではありません)。

ただし、「僕(私)はどうすればいいでしょう?」的な、丸投げスタイルな相談はNGです。

なぜなら、デートのたびに毎回聞くハメになり、自分のチカラで道を切り開くことができなくなるからです。
そういう方もたまにいますが、仲人から「どのようにお考えですか?」と逆に質問されることになります。
厳しく言っているように思えるかもしれませんが、ご自身の婚活というか人生なんですから、主体性を持って行動してくださいね。

ちなみに、仲人カウンセラーは、「今交際中の●●さんとうまくいく方法」は分かりませんが、ごく一般的なマナーやエチケット、過去の成功事例や失敗事例といったノウハウ部分についてアドバイスしています。

念のためお伝えしておきますが、今回は「交際にはなるが進まない&相手からお断りされる場合」の対処法ですので、そうでない方は普通に「事後報告」で大丈夫です。

そもそも交際の目的とは?

では、婚活において交際をする目的はなんでしょう?
ここを勘違いしたまま婚活を続けると、相手を見つけることができません。

これ、ちゃんと考えたことがありますか?

婚活のゴール(目的)は「結婚相手を見つけること(成婚)」です。
マッチングアプリ、結婚相談所、パーティー、全てそのための「手段」でしかありません。

アナタの人生の時間を、「婚活」という少し区切った場合のゴールですね。

でも、アナタにとってのゴールは、結婚(というタイミング)ではありません。
交際というのは、結婚後の数十年、さらに死ぬまで一緒にいるかもしれない相手を探すための期間です。

例えが分かりにくいようなら、別な例えを出しましょうか。

アナタは、大学進学に向けた受験勉強をしたことがありますか?
そして、「◯△大学に入学したい」ということを目的として猛勉強し、その目的が達成された後はどのようになるでしょうか?
大学は、なりたい自分になるための通過点(婚活)であり、医者になりたい、弁護士になりたい、銀行マンになりたい、エンジニアになりたい等の目的に沿って、大学を選ぶのではないでしょうか(もっと細かく言うと、なりたい職業も通過点でしかないと思います)。

これを理解していないと、どうなるか。
交際を続けることを目的とするようになります。

ハッキリ言ってそれは間違っていまして、交際を続けたいという考えが行動に出て、交際が続かず失敗します。
言い換えれば、手段と目的を理解されていないということになります。

もし仮に、ルールである数ヶ月の交際を続けて結婚できたとしても、その後に別れる可能性がありますので注意してください。

まとめ

極論でいえば、無理に交際を続けようと思わなくて大丈夫です。

そもそも運命の相手というものは、続けようと思わなくても 磁石のように自然と結びつくものですから。
今は僕が言っている意味が分からなくても当然ですが、結婚したら「あぁこういうことか」と理解できます。

ただし!

だからといって、相手への気遣いを忘れ、ワガママ言いたい放題やりたい放題では、誰からも相手にされず孤独死へまっしぐら!となりますので、そこも間違えませんように。


公式LINEアカウント「お友だち追加」&アンケート回答された方の中から抽選でクーポン配布中!

友だち追加

関連記事

キャンペーン一覧

最近の記事

  1. 【婚活】50代男性が30代女性と結婚できる確率は?

  2. 婚活の必須アイテム!お見合いに最適な服装とは?

  3. 婚活で輝く!あなたの魅力発見の秘訣は〇〇にあった!

  4. 福島市の38歳女性が結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ