【お見合いマナー】男性が絶対知っておくべき待ち合わせ時間

婚活

こんにちは!アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

本日は婚活している男性向け、特に【入会初期の方】【お見合い成立していない方】【お見合いにはなるが交際にならない方】には必読です。

【お見合いNG行動】10分前到着でも遅刻扱い!?

仲人としてお見合いに立ち会っていると、実に損をしている会員の行動を目の当たりにします。
その一つに「お見合い待ち合わせ」があります。

先日とあるお見合いがあり、お見合い後に感想を女性会員に聞いてみたところ、「今日お会いした男性ですが、少し遅れていらっしゃいました」ということを真っ先に言われました。

相手の男性と話した印象よりも、遅れてきたことのほうが印象に残った、ということなのでしょう。

ところが、そのことを男性会員に確認したら、「いえいえ〜ちゃんと開始10分前に現地に到着しました」という回答でした。

なるほど。彼は開始10分前に着いたようですが、先に女性が到着していた、ということですね。

つまり、男性は決して遅れたワケではありませんでしたが、女性からすれば「待たされた=時間に遅れた」という印象に繋がってしまったようです。

ルーズな印象はNG!お見合いで好印象を与える方法

人の印象とは勝手なものですが、お見合い時に先ほどのような先入観を持たれると

「仮に交際になったとして、デートにも遅れるのかもしれない」
「職場でも始業時間ギリギリに到着するのでは?」

などと、時間にルーズな印象を持たれてしまいます

そして、結果的に「交際」にはなりません。

以上のことから、対面でのリアルお見合いについては、「待ち合わせ場所へ10分前に到着する」ではなく、「待ち合わせ場所へ遅くても10分前には到着する(できれば20分前に到着)」ということですね。

男性から女性へ申込む場合と、女性が男性へ申込む場合では立場的には多少逆転する気もしますが、まだ今のところは男性が待ったほうがスマートだと感じます。

何事も第一印象が大事

職場で先輩に教わった方も多いでしょうけど、婚活においても「第一印象が大事」です。
お見合いにはなるが交際に進めない方は、一度この辺から見直してみる必要があるかもしれません。

相性はどうしようもありませんが、今回ご紹介した部分は「気付けば誰にでも変えられる部分」ですから。


公式LINEアカウント「お友だち追加」&アンケート回答された方の中から抽選でクーポン配布中!

友だち追加

関連記事

最近の記事

  1. 婚活で大事な「自分らしさ」と「自信」

  2. 本宮市の31歳女性が結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ

  3. お見合い交際で失敗しないための5つのポイント!【女性版】

  4. 婚活で大切な距離感。初めてのデートで起こったハプニングから学ぶ教訓…