【婚活男子】お見合い成立率をアップさせる3つの方法

婚活

こんにちは!アエルふくしまの市川です。
結婚相談所で月に10人以上申込みをしているのに、お見合いが成立しないという悩みを抱えていませんか?

今回は、

  • なぜ申込みしてもお見合いが成立しないのか
  • その原因を解決するための具体的な方法

について詳しく解説します。

お見合いが成立する条件はたった2つ

婚活において、お見合いは最初の大きな関門です。お見合いが成立しなければ、その後の交際や結婚へと進むことはできません。

しかし、お見合いは申し込めば必ず成立するわけではありません。
お見合いが成立するために必要な要素は、単純に2つしかありません。

  1. タイミングが良い
  2. 一度でも会いたいと思えるかどうか

上記のたった2つしかありません。
1.は時の運で本人にはどうしようもない部分ですが、2.はやり方によっては改善できる場合があります。

【方法1】カウンセラーから紹介された方に申し込む

婚活で「釣り合っている」かどうか、自分で判断するのは難しいです。
なぜなら、自己評価は高めになりがちだし、自分が「バランスが良い」と思っても、相手や周りの人から見るとそうじゃない場合があるんです。

この問題を打開するために、担当するカウンセラーから紹介された方にも申し込みをしていくという方法があります。
婚活のプロであるカウンセラーという客観的な視点からの紹介ですから、当然ながら「お見合いが成立しやすい」または「釣り合っているであろう」と思われる方のみ紹介しています。

とはいえ、会員さんの「好み」については仲人カウンセラーは分かりませんので、好みではない方を紹介されることもあるでしょう。
その場合は、紹介された方だけに申し込むのではなく、自分好みのお相手にも申し込みをしていけばよいです。

でも、お見合い成立数を少しでも増やしたいなら、紹介された方を中心に申し込みをしてみてください。

【方法2】お見合いアナリティクスを活用する

たくさんの申込みをしているのに、なぜ相手は受けてくれないのか?

「お見合いアナリティクス」機能を使えば、その理由が分かります!

  • プロフィール閲覧数
  • プロフィール写真クリック数
  • 申し込みNG数
  • それぞれの項目を年齢層、都道府県、学歴、婚歴別に分類
  • NG数の場合は、お断り理由も分析

グラフ化することで、傾向を分かりやすく把握できます。

つまり、あなたの申し込みに対して、相手がどのようにあなたを見ているのか、なぜ申し込みを受けないのかが、客観的に分かるようになります。

例えば、あなたが40代後半の男性で、30代前半の女性ばかりに申し込みをしている場合、実は30代後半や40代前半の女性からも、あなたのプロフィールは閲覧されている、といったことが分かります。

ただし、「お見合いアナリティクス」はあくまでも「行動した結果」を分析するものです。
申込みをあまりしていない方や、入会したばかりの方は、十分なデータが収集できない可能性があります。

また、お見合いアナリティクスは「傾向」を知るツールですが、「対策」については、仲人カウンセラーとの面談が必要です。
基本的には、仲人カウンセラーとの面談がセットとなりますので、お気軽にご相談ください。

【方法3】プロフィールを見直す

先ほどのお見合いアナリティクスのデータ分析結果によると、あなたのプロフィールは、異性からの検索条件に合致しているにもかかわらず、閲覧されていない可能性があります。

これは、いくつか考えられる原因がありますが、例えば写真が原因の場合、別な写真をアップしてみる、という対策も可能となるでしょう。

下記は婚活女子用に書いたブログですが、男性にも参考になります。

まとめ

上記の3つの方法を全て活用してもお見合いが成立しない場合は…残念ながら結婚相談所での婚活は向いていないのかもしれません。

逆に言うと、上記3つを行うだけで、お見合い成立率はアップするということです。
お見合いが成立せずに悩んでいるなら、ぜひトライしてみてください。


公式LINEアカウント「お友だち追加」&アンケート回答された方の中から抽選でクーポン配布中!

友だち追加

関連記事

キャンペーン一覧

最近の記事

  1. 【婚活】50代男性が30代女性と結婚できる確率は?

  2. 婚活の必須アイテム!お見合いに最適な服装とは?

  3. 婚活で輝く!あなたの魅力発見の秘訣は〇〇にあった!

  4. 福島市の38歳女性が結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ