【婚活あるある】バツイチ婚活、相手もバツイチが多い?

婚活

40代男性からの質問で、「バツイチの婚活、相手もバツイチが多いですか?」という内容にお答えします。動画ブログでも配信しておりますが、今回はテキストブログ版として掲載します。

これは結論から言うと、簡単に言ってしまえば「人それぞれ」になります。婚歴アリ同士のカップルもいましたし、婚歴アリと婚歴ナシのカップルもいましたし、両方婚歴ナシ、初婚同士のカップルもいました。ここで一番ポイントになってくるのは、ご自身の年齢と、相手の年齢ですよね。

今回質問された40代男性の年齢なら、婚歴アリの男性も女性もある程度は増えてきますから、当然婚歴アリ同士の結婚も増えると思いますが、それ以外の年代、例えば20代とか30代前半とかなら、まだ一度も結婚をしていない人が婚活をしているのが大半ですから、そうなると、初婚同士のカップルが断然増えますし、年齢が上がると、婚歴アリと婚歴ナシのカップル、というのも出てきます。

ちなみに、アエルふくしまでは、入会時に、相手へ希望する条件をお聞きしているのですが、その中に「婚歴」についての項目があります。若ければ若いほど、そして、本人が初婚であれば、相手に求める条件もやはり「初婚のみ」という回答が多くなる傾向がありますが、30代後半から40代を過ぎると、「相手が婚歴アリでも構わない」と回答する方が増えてきます。

じゃあ、実際の結果はどうか?というと…これは具体的な統計は取っていないので、感覚的な話になってしまって申し訳ないのですが、僕が知っている限りでは、最初のヒアリングしたとおりの希望条件で結婚した方もいれば、そうではない方もいました。つまり、婚歴アリでも良いといって初婚の方と結婚したケースもあったし、婚歴ナシがいいと言っていた方が婚歴アリな方と結婚したケースもありました。なので、最初に言いましたとおり、「人それぞれ」という答えになるのですけどね。

これは婚歴だけの話ではなく、年齢とか学歴とか容姿とかもそうですが、例えば年齢なら、入会時にヒアリングした時は「2〜3歳差くらいまで」と言っていた人が、10歳以上年齢差のある相手と結婚したケースもありました。今のは一つの例として出しましたが、イレギュラーというワケではありません。つまり、相手への希望条件というものは、相手が目の前に存在していない時点では、実はあまり当てにならないかもしれない、ということですね。

やはり、「会ってから考える」が基本です。なんでもかんでも会えばいいってワケではないのですが、結婚相手を決める要素の第1位は「相性」で、これだけは普遍で、絶対といっていいと思っています。だから、大事なのは、相手への希望条件のうち「第2位」を決めることなんですけどね…この話は他の動画で何回も話していることなので、今回では割愛します。

はい、ということで、今日は「バツイチの婚活、相手もバツイチが多いですか?」という話をしました。それでは、また。

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. 条件の合わない人が運命の人だった話

  2. 恋愛経験がなくても結婚できます!

  3. 【仲人士の婚活考察】結婚の平均年齢は?

  4. 女性の婚活服を買うなら?