婚活難民にならないために

婚活

某メディアで「婚活難民」なる言葉が出てきましたが…皆さんはご存知ですか?
婚活をしているがうまくいかず、なかなか結婚相手が見つからない人」のことを指すそうですが、婚活難民になる方というのは、もしかすると「手段の選択」を誤っている可能性があります。

現在では「婚活アプリ」「婚活イベント」「結婚相談所」と、複数の婚活スタイルがありますが、どのスタイルがアナタ自身の性格に合っているのかは、やってみないと分からない部分がありますよね。

誰もが気軽に活用しやすい婚活アプリなどは、その気軽さゆえに「移り気の早さ」もあるようで、やり取りをしていた相手からのLINEが既読にならず、気付いたら自然消滅…などのことが発生します。

パーティーなどの婚活イベントの場合、常に周囲の同性ライバル達を気にしながら、複数の異性と短い時間の中でコミュニケーションをとる必要があるので、そういうことが苦手な方には向いていません。また、最近では参加条件(特に年齢)も厳しくなっているようです。

結婚相談所での婚活の場合でも「婚活難民」になる方がおりますが、それは条件のあまり良くない方?
いえいえ、そうとは限らないようです。

過去に、高身長、高学歴、高年収と三拍子揃った地方公務員の30代男性が、アエルふくしまで婚活をしていました。彼は、登録と同時に毎日全国の女性からお見合いの申込みが殺到し、お見合いも交際も複数ありましたが、運命の出会いまで2年という婚活期間が必要になりました。
また、誰が見ても美人さんで、性格も良い30代女性の場合も同様で、婚約するまで婚活期間が1年以上かかったケースもあります。

つまり、条件が良くて相手からの申込みが多すぎると、なかなか良い出会いがない場合もある、ということです。他にも「過去に付き合った(うまくいかなかった)タイプの相手を選んでしまい、また同じ失敗を繰り返す」という方もいました。

それらの方々が実践したのは、「仲人から紹介された方は、全て会ってみる」というスタイルでした。つまり、アナタ自身を客観的に見極めるために、婚活のプロという「第3者の目」を有効に活用したということですね。

婚活を始めたばかりの方も、婚活期間が長い方も、「自分自身の婚活がうまくいっていない」と感じたなら、婚活のプロである仲人に相談するという方法がありますよ。

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. 結婚相談所は最後の砦?

  2. 2022年11月に婚約した、郡山市30代女性Aさんからのハッピーボ…

  3. 2022年9月に婚約した郡山市40代男性Jさんからのハッピーボイス…

  4. ご縁と引き寄せの法則