お見合い時の服装

婚活

今回は「お見合い時の服装をどのようにすればよいか」という話で、男性会員も女性会員も参考になると思います。この内容は動画ブログでも配信しておりますが、今回はテキストブログ版として掲載します。

「お見合い時の服装」についてですが、結論を簡単に言いますと「毎回TPOを考慮して決定する」ということになります。TPOというのは「時」と「場所」と「場合」です。つまり、土日の日中だったり、平日の夜だったり、季節、または場所などによっては異なるということです。

まず最初に「時」についてですが、これは季節や時間帯ですね。真夏日の昼間なんかは、お店の外で待ち合わせしているだけで汗だくになるかもしれませんので、あまり汗をかかなくて済むような服装が良いでしょう。もしかすると、冷房がガンガン効いた席に案内されてしまう可能性もあるかもしれないので、冷えに弱い女性はモチロンのこと、男性ならジャケットとか、何か羽織るものを持参するのも良いかもしれません。

次に、「場所」については、お見合い日時が決定した時に決まりますが、そこがどういうところなのか、一度でも行ったことがあれば分かるでしょうし、もし行ったことがなくても、ネットでお店を検索すれば外観や内観、メニュー等から、客層や雰囲気などもある程度は分かるでしょう。

「場合」については、お見合いということですが、お店での場合、Zoomによるオンラインの場合も異なるでしょうね。

なので総合的に言うと、例えば土日の日中、ごく普通の喫茶店でのお見合いの場合は、男性ならシャツにチノパンなど、少しラフな感じでもOK!ということになります。ジャケットと組み合わせることができれば、ジーンズもアリかもしれません。
逆に、平日の夜などの場合は、スーツが自然に見えるかもしれませんし、必然的に女性はそれに見合った服装が良いかな?ということになります。

最後にお伝えしたいのは、これは男性のみですが、どんな女性会員からも言われるのは、「男性は清潔感が大事」ってことですね。パリッと襟にアイロンの効いたシャツやズボン、ピカピカに磨かれた靴などは好印象ですが、逆に、ヨレヨレのシャツだったり、汚れた靴だったり…もう第一印象からアウトです(苦笑
それと、確かにセンスも大事なんですが、似合っているかどうかも大事です。

ちなみに、服装に関しても「相性」や「価値観」が分かります。つまり、双方がTPOを自分なりに考慮して選んだ服装で、いっせのーせで当日お見合いした時、お互いが似たようなコーデであれば、そういうところでも相性が分かるということです。なので、仲人はあえて、服装を細かく指定しないことが多いですね。

で、結局どんな服装が良いのか分からない〜!となったらどうするか?
大丈夫です。そのために仲人がいるんですから、担当仲人に直接聞いてみてください。

アエルふくしま代表・仲人士 市川

関連記事

最近の記事

  1. 仲人への返事は早い方がいい

  2. 交際〜婚約までの大事なルール|お見合いの具体的な流れ

  3. 今年も残すところ…

  4. お見合いの3原則