結婚相談所とマッチングアプリの違いって?

婚活

こんにちは!
アエルふくしま代表・仲人士の市川です。

結婚相談所とマッチングアプリの違いは大きく4つあります。結婚相談所を主体として答えると、以下のようになります。

  1. 身元確認が徹底している
    免許証などの本人確認だけでなく、住民票や独身証明書、男性は源泉徴収票の収入証明書など、書類確認をしている。
  2. 本人同士で直接コンタクトは交際になってから
    コンタクトは本人同士アプリで直接するのではなく、お見合い後に交際になってから。もちろんお見合いのセッティングは仲人がします。
  3. 仲人カウンセラーという婚活のプロが成婚までサポート
    それぞれが会員として活動するので、「相手から連絡が来なくなった」などの自然消滅はない。
  4. ある程度の金額が必要だが成功報酬制サービス型なら安心

身元確認が徹底している

マッチングアプリは、残念ながら結婚に本気ではない人も存在するようです(福島のような田舎でも)。気軽さがある反面、リスクもあるわけです。

結婚相談所では免許証などの本人確認だけでなく、住民票や独身証明書、男性は源泉徴収票の収入証明書など、実際の書類提出で確認します。

よって、結婚に本気な人とだけ出会いたいなら結婚相談所がいいし、まだ結婚したいかどうかも分からない、彼女彼氏が欲しい、そういうことなら自己責任でマッチングアプリがいい、ということになります。

本人同士の直接コンタクトは交際になってから

マッチングサービスは、アプリを介して直接本人同士がやり取りを行う形であるので、文章力や読解力が問われますので、テキストベースのコニュニケーションが苦手な方には不向きです。

結婚相談所の場合は、実際に会うまではそれぞれ担当する仲人がセッティングをしてくれます。お見合い〜交際になって、初めて本人同士でのコミュニケーションとなります。

婚活のプロが成婚までサポート

お相手選びの相談や、お見合いの日時や場所のセッティングはもちろん、交際中におけるノウハウ伝授、成婚に至るまでサポートするのが結婚相談所です。

つまり、婚活中になんでも相談できるプロがいるかどうか。単なる相談なら友人でもいいですが、最低条件として結婚経験者じゃないと話になりません。ただ、友人の場合は自分の経験値でしか話せず「プロ」ではありません。長年数々の成婚カップルをサポートしてきたプロの仲人に聞くのが解決の最短距離ということになります。

ある程度の金額が必要だが、成功報酬制サービス型なら安心

マッチングアプリはコスト面でも気軽に始められる金額設定です。結婚相談所は入会金や登録料、月会費、成婚料が発生します。相談所によってはお見合料が有料のところもあります。

アエルふくしまは成功報酬型のサービス提供を行っており、月会費などのコストはなるべく低額に設定しています。


最後のまとめとして…結婚相談所の仲人として、職業的には「結婚相談所で」とオススメしたいが、ぶっちゃけ、本人がやりたい婚活をやればいいと思います(爆

何事にも性格的な相性はあるワケだから、こればっかりはやってみないと分からない。
コストを気にするなら先にマッチングアプリをやってみて、自分に合わないな?と思うんだったら、結婚相談所を検討すればいい。もちろん婚活パーティーとかのイベントも参加するのもいいし(年齢などの参加資格がありますが)。

何より大事なのは、【自分の人生は一度キリなんだから、とりあえずやれることをやってみよう】ということです。やってみないと分からないことって、世の中に沢山あるし、時間だけは戻りませんから。

あとで後悔するくらいなら、まずは行動して、やりながら考えて修正していきましょうよ。

関連記事

キャンペーン一覧

最近の記事

  1. 福島市の30代男性が交際3ヶ月で成婚した婚活ストーリー

  2. 白河市の34歳女性Cさんが結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ

  3. 婚活のための守破離(しゅはり)

  4. 伊達郡の57歳男性が結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ