【婚活で失敗しない方法】あなたの第2位は?

婚活

こんにちは!アエルふくしま代表・仲人士の市川です。
本日はアエルふくしま会員さん向け、特に婚活初期の方や婚活が長期化している方は必読の内容です。

優先順位「第2位」が大事

男性でも女性でも、どんな方であっても第1位は「相性」で、それ以外(年収、学歴、身長、顔など)は2位以下だというのが僕の考え方です。

ただし、その2位以下は、時代や年齢によって変動するかもしれません。
例えば、若い時は、どうしても中身より見た目重視で選ぼうとしてしまったり。
そして、その「自分自身にとって、相手に求める希望条件の第2位は何なのか?」が、婚活成功の秘訣だと思ってます。以前書いたブログ「地域」を参考にしてみましょう。

簡単に言うと、地域優先の方ならば「1)相性の良い2)近場の人」がベスト、ということになります。

発想の転換

これを「1)近場で2)相性の良い人」という発想だと、婚活は長引くかもしれません。

成功する人と失敗する人の差が、この「発想が逆」ということ、よくあることです。
この「発想の違い」だけで、出会いの数も質も変わります。

勘違いしないでいただきたいのは、何も「遠距離の人を探せ」と言っているのではありません。
相性以外の要素を優先して婚活をすると、思いのほか婚活期間が長引く可能性が高いですよ?ということです。

なんでもバランスが大事

同時に、なんでもかんでも「第2位」に並べる方も、婚活が長期化する可能性が高くなります。
女性なら「マメで家事もできる3高(高収入、高学歴、高身長)なイケメン男性」とか、男性なら「若くて、誰が見ても美人で、気遣いができて、料理なども得意な女性」など、相手への希望条件を複数同列で2位として掲げる人は、かなりの覚悟が必要になるでしょう。

いえ、厳密にいえば、「3高(高収入、高学歴、高身長)なイケメン男」と「若くて、誰が見ても美人で、気遣いができて、料理なども得意な女性」は、釣り合いが取れるので結婚は早いでしょう。

しかし、全ての条件が揃ったような方は少数(さらに独身では)でしょうし、同性のライバルも数多いでしょう。
アナタがその厳しい戦いに勝つ自信があるなら、僕もアナタが成功するような戦略を立案し、一緒に行動しますが。

まとめ

ですので、婚活をしていてうまくいっていない方は、「相手へ求める希望条件の第2位」を考えて、行動してみましょう。
第2位が明確になれば、婚活の仕方も自ずと明確になると思います。

ただし、婚活をすることにより、2位は変動する可能性もありますのでそのことも忘れずに行動してみましょう。
例えば、当初「相性の良い顔がタイプの男性」を狙って婚活をしていたのに、結婚したのは「相性の良い顔がタイプではない男性」だった、なんてのはごく一般的な話です。

仕事もそうですよね。

簡単に言ってしまえば、「優先順位を決められない人は成功しない」ということです。
「仕事と婚活は違う」という意見も聞こえてきそうですが、明確な目標があり、ライバルがいて、時間とお金を大切に使いながら期限までに結果を出す、という部分においては共通しています。

もしかして、職場で上司に「優先順位を決めて仕事をしなさい(全てを並行的に進めようとすると失敗する)」と注意されていませんか?

それでは、また!


公式LINEアカウント「お友だち追加」&アンケート回答された方の中から抽選でクーポン配布中!

友だち追加

関連記事

キャンペーン一覧

最近の記事

  1. 婚活成功の秘訣!IBJデート報告機能で成婚へ近づく

  2. 結婚相談所で婚活スタートまでのポイント5つ!

  3. 郡山市の32歳女性が結婚相談所で婚活してみた結果がコチラ

  4. 年収で判断するのはダメ?交際中に知っておきたい「お金」のリアル